1. Home
  2. 安心・安全 / 研究開発
  3. 知って、なるほど化粧品
  4. メーク落しと洗顔の役割

安心・安全 / 研究開発
Innovation

一般のみなさまへ

知って、なるほど化粧品 メーク落としと洗顔の役割

毎日の日課である、メーク落としや洗顔。面倒だからといって、なんとなく済ませていませんか? 知っているようで意外と知らない、メーク落としと洗顔のポイントを、“泡マイスター”と呼ばれるほど洗顔に詳しい資生堂の研究員が解説します。

「メーク落とし」で落とすもの、「洗顔料」で落とすもの

毎日の生活の中で、私たちの肌にはさまざまな汚れが付着します。それらをきれいに取り除くには、汚れの種類に合わせた洗浄料を使うことが大切です。
たとえば、ファンデーションや口紅などのメーキャップアイテムには、油やワックスのような油性成分が多く含まれているため、水洗いだけではなかなか取り除くことができません。しかし、これらの油性成分となじみやすい洗浄成分が入った「メーク落とし」を使えば、きれいに落とすことができます。
一方、皮脂汚れや古い角層を取り除くのに効果的なのが、「洗顔料」です。洗顔後にすっきりとした感触が得られるのは、肌の汚れをきれいさっぱり洗い流すことができるためです。

アイテム別洗浄効果

「メーク落とし」と「洗顔料」のタイプ別特長

多種多様な「メーク落とし」や「洗顔料」。それぞれ、使用感、使いやすさ、洗い上がりの肌感触、泡の質などにちがいがあり、お好みでさまざまなバリエーションを楽しむことができます。ここでは、「メーク落とし」と「洗顔料」のタイプ別に、一般的な特長をご紹介します。お店で商品を選ぶときの参考にしてみてはいかがですか?

メーク落とし:使用感の傾向

洗顔料:泡立ちと洗い上がりの傾向

ダブル洗顔不要のメーク落としの秘密

「メーク落とし」と「洗顔料」の役割を一度に果たすことができる、ダブル洗顔不要のメーク落とし。メークの油性成分と皮脂汚れの両方を落とす機能をもっているため、本来は「洗顔料」で落とすべき皮脂汚れにも、しっかり対応しています。しかも、すすぎの際に肌に再び汚れがつくことがないよう工夫されているので、洗顔なしでもすべすべの洗い上がりを実感することができます。
ただし、このような商品を使う場合でも、肌の状態や好みに合わせて、洗顔を行っても問題はありません。

 

いま話題の「FWB」をつかうときは洗顔が必要です

「フルメーク ウォッシャブル ベース(FWB)」は、重ねたメークをお湯で落とせる化粧下地です。お湯を使ってオフするため、すっきりした洗い上がりを実感することができます。しかし、「フルメーク ウォッシャブル ベース(FWB)」を使う場合は、メークを落とした後に必ず洗顔を行ってください。「フルメーク ウォッシャブル ベース(FWB)」を使うと、メークをお湯で落とすことはできますが、皮脂の汚れや不要な角層は肌に残ったままになってしまうためです。洗顔と組み合わせることで、素肌に残った汚れまでしっかり取り除くことができます。

洗顔に最適な温度って

洗顔時は、水もしくは、ぬるま湯を使うことを推奨しています。これは、洗い残しがないよう、ていねいに洗顔を行っていただくためです。熱すぎるお湯を使うと、汚れといっしょに肌のうるおい成分まで流れ出てしまうことがあるので、注意しましょう。お使いいただく洗浄料のタイプに合わせて、最適な温度で洗顔を行ってください。
ちなみに、「フルメーク ウォッシャブル ベース(FWB)」を使った場合のメーク落としは、40度のお湯が目安です。洗顔にしては温度が高めなので不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは日中に汗をかいてもメークが落ちないよう工夫された、最適な温度なのです。お風呂に入って気持ちいいと感じるくらいの温度を心がけましょう。

「メーク落とし」や「洗顔料」は、上手に組み合わせて使いましょう

洗顔は肌を清潔に保ち、その後に行うスキンケアの効果を高めるために、とても大切なステップです。まずは、「メーク落とし」と「洗顔料」、それぞれのちがいや特長をしっかりと理解しましょう。その上で、肌の状態や好みに合わせて、最適な商品を選んでみてください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報