1. Home
  2. 安心・安全 / 研究開発
  3. 知って、なるほど化粧品
  4. 日やけ止めはPA++++へ

安心・安全 / 研究開発
Innovation

一般のみなさまへ

知って、なるほど化粧品 
日やけ止めはPA++++へ

日やけ止めなどの化粧品に表示されている「PA」。
よく見ると商品によってその後についている「+」の数が違います。今までは一番多くても「PA+++」(スリープラス)でしたが、2013年の1月から「PA++++」(フォープラス)まで表示できるようになりました。では「+」が増えることにどういった意味があるのでしょうか。紫外線や日やけ止めに詳しい資生堂の研究員が解説します。

紫外線についての基本的なお話はこちらから

資生堂 研究開発センター 永禮(ながれ) 由布子
PA+++ と PA++++ の大きな違い

PAとはProtection Grade of UV-Aの略。
日本化粧品工業会が厳密に定めたUV-A(A紫外線)を防ぐ効果を表しています。表示できる「+」の数が「PA+++」から「PA++++」に増えたのは、研究によりUV-Aの有害性が明らかになり、UV-Aをよりしっかり防ぎたいというニーズが高まったためです。

下のPA分類をご覧ください。「+」の数が増えるにつれ、UV-Aの防御効果が高まることが分かります。

UV-A で肌が老化する!?

ではUV-Aにはどのような危険性があるのでしょうか。もともと紫外線はUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C (紫外線C波)に分けることができますが、UV-Aは地上に到達する紫外線のなんと約9割を占めています。さらに、雲や窓ガラスをすり抜けて肌の奥の真皮まで到達し、シミ、しわ、たるみの原因となります。このような紫外線による肌の老化を「光老化」と呼びます。 「光老化」のメカニズムはこうです。まず、紫外線を長期間浴びると、真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維がダメージを受けます。すると、皮ふが硬くごわごわとした質感になり、しわやたるみとなって肌に表れます。加齢による老化を止めることはなかなか難しいですが、「光老化」は日やけ止めによって防ぐことができるのです。下記のグラフは紫外線を浴びた量が多い方・少ない方の肌を30代・50代の年代別にレーザーを使った特殊な顕微鏡で確認したものです。浴びる紫外線量によって肌の状態が違ってくることがわかります。

紫外線による肌への影響


肌を傷つけることなく、肌内部のコラーゲン繊維の写真が撮れることも、資生堂の最新技術です!

UV-A、UV-B、どちらの方が肌を小麦色にする?

日やけというと、海水浴のあとなどに肌が小麦色になることを思い浮かべると思います。この「肌が小麦色になること」を、私たちは「肌の黒化」と呼びます。実は、黒化はUV-A、UV-Bとそれぞれ別のタイミングで起きています。肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするのがUV-Bのしわざ。赤みが引いたあとに黒化がはじまるのが特徴です。UV-Aによる黒化は、毎日の通勤など短時間浴びただけですぐにはじまります。気づいたらやけていた…という日やけは、この自覚の無い黒化が積み重って起きてしまいます。明るい肌をキープしたいなら油断は禁物。UV-Aも意識してしっかり防ぐことが大切です。

紫外線を照射し、3時間後に観察した写真

※紫外線量は夏の昼間の約1時間分

ヴェールのように均一な膜が、肌を守る!

SPFやPAだけを見て日やけ止めを選ぶ方も多いかもしれませんが、紫外線から肌を守るためには、防御成分がすき間なく均一に広がる必要があります。資生堂の日やけ止めは、配合成分のバランスを研究することで薄いヴェールのような均一な膜をつくることに成功しました。自分ではちゃんと塗ったと思っても、実はやけてた! なんて悲しすぎますよね。

現在の日やけ止め

従来の日やけ止め

均一な膜をつくるには塗り方も重要なポイント!
「効果的な塗り方」はこちらから

まとめ

SPFの数値で日やけ止めを選ぶ人は多いですが、これからは、PAの「+」の数も必ずチェックしましょう。さらに、塗り方をマスターすることで、自分の肌を美しいまま、しっかり守ることができます。お店に行ったときは、ぜひ思い出してみてください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報