1. Home
  2. 安心・安全 / 研究開発
  3. 知って、なるほど化粧品
  4. 正しい紫外線対策をしよう

安心・安全 / 研究開発
Innovation

一般のみなさまへ

知って、なるほど化粧品 
正しい紫外線対策をしよう

紫外線が肌に悪いってことは知ってる、でも何がどう悪いの? 正しい紫外線対策ってどうすればいい?
今さら聞けないような基礎知識から、応用篇まで。紫外線について、資生堂の研究員が一から詳しく解説します。

資生堂 研究開発センター 永禮(ながれ) 由布子
そもそも「紫外線」って何ですか?

[A]

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)、UV-C(C紫外線)に分けることができます。UV-CとUV-Bの一部はオゾン層などの大気層が防いでくれるので、UV-AとUV-Bの一部を私たちは浴びていることになります。紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させたりするので注意が必要です。

よく見かけるSPFとPAが表していることって?

[A]

SPFはUV-Bを防ぐ効果を表す数値です。この数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。PAの方はUV-Aを防ぐ効果を表す目安です。+が多いほど、肌の黒化や、弾力を失わせることを防ぎます。PAは現在4段階に区別されていますので、日やけ止めを選ぶときはよく見てみましょう。

冬や曇りの日なら安全ですか?

[A]

いいえ、安全とは言えません。紫外線はUV-A、UV-Bに関わらず一年中降り注いでいます。さらに、曇りの日も晴れの日の半分以上の紫外線を浴びてしまいます。「今日は天気が悪いから、日やけ止めはいいか」とならないようにしましょう。

1年間の紫外線量

晴れた日の紫外線を100とすると

日傘を差していれば安全ですか?

[A]

いいえ、これも安全とは言い切れません。紫外線も光のように反射して、下から横から顔や体を狙っているので、日やけ止めを塗ることをおすすめします。特に海やスキー場は反射率が高いので注意が必要です。

海やスキー場では反射紫外線に注意

効果的な塗り方が知りたいです

[A]

イラストで詳しくご説明しますのでご確認ください。紫外線に敏感な方や、日やけしやすい部位、汗をかいた後などは、2~3時間おきにつけ直すことをおすすめします。






赤ちゃんや子どもはどのように紫外線対策すればいいですか?

[A]

生後28日以降~1歳未満までの赤ちゃんは、お肌にトラブルがなく健常肌であってもバリア機能が未熟なため、大人の敏感肌用の日やけ止めをお使いください。
1歳以降になるとレジャーにも対応している子ども用のもの、6歳以降では一般用のものも使うことができます。
敏感肌のお子さまは、6歳以降であれば大人の敏感肌用の日やけ止めを使うことができますが、その場合もなるべく日に当たらないよう、日傘や帽子などを利用して強い紫外線から肌を守るようにしましょう。
また、ご使用の際には腕などで試すのがおすすめです。ご使用後はきちんと落としてあげましょう。

※資生堂製品の場合

まとめ

知っているようで知らないのが紫外線です。SPFの数値だけでなく、PAの「+」も必ずチェックして、しわやたるみの原因となるUV-Aをしっかりブロックしましょう。紫外線はいつでもどこでも降り注いでいます。朝のスキンケアに組み込むなど、ふだんの習慣にするのもおすすめですよ。

  • mixi
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報