資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

外見に自信を取り戻して仕事へ

国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター 副サポーティブケアセンター長 坂本はと恵
  • 国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター
  • 副サポーティブケアセンター長
  • 坂本はと恵

「毎日、人と話していると相手の目線が気になるんです。眉毛が消えているんじゃないか、ウィッグがずれてるんじゃないか、爪が汚いと思われてるんじゃないかって・・。」「最近、好きだったはずの仕事が楽しくないんです。」

数年前に、当院で開催しているカバーメイク体験会にいらした佐々木さん(40代・女性)が、会の冒頭にお話しされた言葉です。

現在、働く世代のがん患者さんは増加し続けており、いまや全国に約32万人を超える方が仕事を持ちながら通院していると言われています。こうした状況の中、2017年10月24日に閣議決定された「第3期がん対策推進基本計画」では、「がんとの共生」を念頭に、仕事と治療の両立、がんに対する偏見、治療に伴う外見変化などに関して、民間団体や患者団体、関連学会が協力・連携しながら支援体制を検討していくことが明記されました。

これらの政策的な動きの背景には、佐々木さんのような体験をした多くの患者さんの声があったことは言うまでもありません。

真の意味で、仕事と治療を両立するとは?と考えるとき、それは単に職場に出勤することが目標ではなく、周囲との関係を良好に保ちながら前向きな気持ちで仕事に向き合えることだと、私は考えます。

その目標を実現するためには、がん治療中であることを自然と伝えることができる社内風土や長期的な通院と仕事の継続を支える制度、治療の副作用に伴う外見変化が生じた場合に様々な工夫を取り入れながら乗り越えられるような工夫の伝達といった、多方面からの情報や理解が必要不可欠となります。

しかし、いくら良い仕組みや情報が存在していたとしても、必要とする方に届かなければ意味がありません。また、一人一人が仕事と治療の両立に際して直面する困りごとは異なっていますし、必要な支援も異なっています。

まずは、「私はこのことに困っている。」「みんなは、こういう時どうしましたか?」と周りに第一投を投げかけてみてください。そこから始まる対話が、お一人お一人のニーズに合った支援の獲得はもちろん、周囲との良好の関係づくりやご自身の安心につながり、真の意味での仕事と治療の両立へとつながっていくのだと思います。

そして今、直面している困りごとが、外見に自信が持てずに仕事への自信も失いかけている・・という方は、遠慮せずに容姿のケア・化粧の専門家に声をかけてみてください。相談できる相手は、必ずしも医療者だけではありません。容姿のケア・化粧の専門家も大切な相談相手です。

外見に自信を取り戻すこと、それが前向きな気持ちで仕事に、社会に戻る、その第1歩となるはずです。

病気になっても自分らしく生きようとする人たちのために
「がんと就労」を支援しています。

日本人の2人に1人が「がん」と診断される時代になりましたが、その一方で早期発見やがん治療の技術の進歩は目覚ましく、がんと向き合って生活する期間が長くなる傾向が顕著になっており、就労しながら通院しているがん患者さんは30万人以上にのぼるという推計もなされています。
資生堂は「がんと就労」を支援しており、ごく自然にそれぞれの日常を過ごせるように外見変化をメーキャップでカバーする方法や外見セミナーをおこなっています。
参加者から相談される外見上の悩みは、外科手術あとの傷あと以外にも、がん治療の副作用による肌色変化や、眉・まつ毛の脱毛があげられます。
「自分の顔と思えなくなる」「生気がなく見え、まわりの人から病気だとわかってしまう」など、社会復帰や社会生活をためらう原因のひとつにもなっています。
私たちは多くの患者さんに接する中で、メーキャップで外見を整えることが気持ちを前向きにし、社会復帰への後押しや就労を続ける、治療を続けることにつながることを見出し、その一助になるように、「がん患者さんのための外見ケアBOOK」女性版、男性版を発行しました。

メーキャップを通じて
「化粧で治療に対する気持ちが前向きになった」
「ちょっと(メーキャップを)するだけで職場でも治療中と気づかれない」
「小冊子は脱毛した時の眉の描き方がわかりやすい」
などといったプラスの声を多くいただいています。

いつもの表情を取り戻していただくために、外見変化を気にすることでやりたいことをあきらめないためにも、化粧によってカバーできることを多くの方に知っていただきたいと思っています。

ラジオ企業CM

「がんと戦うメーキャップ(企業CMテーマ名)」

自分らしく前向きに生きるために
資生堂ライフクオリティービューティーセンターは
一人ひとりの気持ちと生き方に寄り添います。

公式Facebookページにも掲載しております。

公式Facebook(別ウィンドウが開きます。)