資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

季節のごあいさつ

今日という日を輝く日に

春は、入学、入園、転校、引越しと今までと違う環境を迎える季節でもあります。
新しいスタートラインに立つ時、私たちは不思議と前向きな思いになるものです。
それは子供たちも同じです。
新しい園服(制服)を着て、新生活に夢をふくらませ、満開の桜にも負けないくらいの笑顔で輝きます。

記念写真撮影や新しい環境を迎えるにあたって、
お子さまの肌色(あざ、白斑)や凹凸(手術あと、ケガのあと)などを気にされている方、
資生堂ライフクオリティービューティーセンターでは、専用のファンデーションを使用して
顔や身体の気になるあざ、白斑、凹凸(手術あと、ケガのあと)などのカバーをおこなっています。

厚く塗り隠すのではなく、自然に気になる部分を目立たなく。
化粧でカバーしていることを知られたくないというお子さまに、カバーを必要とするシーンなどを
お伺いしながらより日常を自然に過ごしていただける方法をアドバイスします。
スポーツ、プール、温泉、活動的なお子さんがあきらめることのない毎日を送れますように。

センターでは小学校3年生以下のお子さんにはご両親にカバー方法を覚えていただきます。
男の子も女の子も小学校4年生以上の場合は自分でやり方を覚えていただきます。
子供は化粧経験がないからこそ、アドバイス通りにできて上手にカバーできます。

今、大切にしたいその笑顔を。
新しい環境を迎える前にカバーメーキャップを体験してみませんか。
一歩踏み出すことで、きっと笑顔になれると信じています。

【ご家族の方から】

  • 今の素顔を鏡で見るのを嫌がり、まだ自分でしようとはしませんが、カバーしてあげると嬉しそうに鏡の中の顔を覗き込んでいます。
    帰り道は、ケガをして初めて帽子をかぶらずに外を歩き「ママ、私のケガ、だれも見ないよ。気づいてないよ」と、本当に嬉しそうでした。ありがとうございました。
    もう少し大きくなって鏡を見ようと思う日がきたら、またご相談させていただきたいです。
  • 新年度、転校時期にあわせて、カバーメーキャップを体験したことで前向きな気持ちになれた。
  • まだ小学校1年生でも自分でもできるメイクを教わった。翌日、本人にメイクやっていく?と聞いたところ、やっていく、自分でやる!と初めて自分で喜んでファンデーションをつけていきました。