資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

「日本癌治療学術集会」で企業展示・ハンズオンセミナー開催
がん治療の副作用による外見ケアとして
全国取り扱い店で展開している化粧による解決法を紹介

2014年8月28日(木)~30日(土)の3日間、パシフィコ横浜にて資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンターが企業展示ブースを出展し、ハンズオンセミナーを行いました。今回は、全国から8,000名を超える医師・看護師・薬剤師などの医療関係者が参加され、当センターMakeup Caristが、がん治療の副作用による強いくすみやくま、色素沈着などによる肌色のカバー方法をデモンストレーションにて紹介。実演後、自分もカバーを実体験して患者さんにご紹介したい、との声が多く聞かれました。カバーメークを体験した看護師の方からは「化粧でここまで隠せるなんて。自分が体験して実感できたので、患者さんにすすめたいと思います。地方でもメーキャップアドバイスが受けられるところはありますか」「外科手術を受けた方で友達と温泉に入りたいとおっしゃる方がいらっしゃいます。傷あとのカバーはできますか」など、お問合せが相次ぎました。

展示ブースでは、「眉が抜けてしまったあとの眉の描き方」や「病気と気づかれないように元気に見えるメーキャップ方法」、「手術後の傷あとを隠したい」など、様々なお悩みに対する質問をいただきました。治療だけではできない化粧による外見ケアへの関心の高さが伺えました。

参加者からは、「治療とともに化粧による外見変化の解決法を紹介することで、患者さんのQOL低下を防ぎ維持できることの一助となる」との嬉しい声をいただきました。

  • ※ハンズオンセミナーとは、専門家から直接指導を受けながら体験できるセミナー
  • ●カバーメーキャップの実演の様子

詳しくはこちら

資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンターでは、プライバシーが保たれた個室で、
治療の副作用にともなう美容上のお悩みをカバーする方法をご紹介しています。
また、全国の資生堂 ライフクオリティー ビューティー契約店でも、
がんの外見ケアに対するメーキャップアドバイスを行っています。