資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

「第29回日本がん看護学会学術集会」にて
抗がん剤の副作用により脱毛した眉や色素沈着を目立たなくする方法を紹介

2015年2月28日(土)~3月1日(日)、横浜で開催された日本がん看護学会学術集会に資生堂が昨年度に引き続き企業展示ブースを出展、がん治療やケアの専門看護師に対し、抗がん剤の副作用により脱毛した眉の描き方や、色素沈着などの肌色変化を目立たなくする方法をご紹介しました。

ご来場された看護師の方からこのような声をいただきました。

  • 眉が完全に抜けてしまうと、どの位置から描き始めれば良いか分からなくなってしまいますが、このような方法を教えてもらえるのですね。患者さんに紹介します。
    眉を元通りに描くだけで自分らしさを取り戻せるかもしれませんね。化粧ってすごい!
  • 治療でシミが出てしまい困っている患者さんにお知らせしようと思います。手軽にカバーできるので、仕事をしている方にはいいですね。肌色はその方の印象を大きく変えてしまうので、カバーでこんなに明るくできることを患者さんに知ってもらいたいです。
  • 副作用で治療を中止すべきか悩んでいる患者さんが、化粧でカバーする方法を知ることで、治療を続けることができることから、ぜひ伝えたい。
  • ●パーフェクトカバーで
    目立たなくする方法をご紹介
熱傷後の瘢痕・ひきつれ、植皮痕やがん治療によるさまざまな外見変化など

資生堂では、肌に深いお悩みをお持ちの方々へのメーキャップを
「資生堂 ライフクオリティー メーキャップ」と称し、
さまざまな外見の変化に対応したメーキャップアドバイスを
全国で行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

※口唇口蓋裂および顔面神経麻痺のバランスの補正については、
 資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター(東京・銀座)のみの
 アドバイスとなります。