資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

「乳がん市民セミナー」にて
がん治療の副作用による外見変化のお悩みを「化粧のちから」で前向きに

●顔の印象を変える肌と眉、外見変化を目立たなくするカバーメーキャップ

「乳がん市民セミナー」 写真

※出現する外見変化はCGによる演出

ウィッグ協力:(株)スヴェンソン

8月2日(日)、東京・秋葉原UDXシアターにて「乳がん市民セミナー」(株式会社エビデンス社主催)が行われ、資生堂がブースを出展しました。当日は暑い日にもかかわらず、治療中、治療後の乳がん患者さまとその家族、医療関係者約120名が参加されました。講演後には、がん治療の副作用により脱毛した眉の描き方や色素沈着などの肌色変化を目立たなくする方法を紹介しました。

ご来場された方の声

  • 肌の色素沈着をカバーする商品をネットで検索し、パーフェクトカバーが気になっていた。実際に試すことができ効果を実感。
  • 強いくすみが気になり、外出することを控えていた。こんなに肌色がカバーできるなんて。もっと早くこの商品と出会いたかった。
  • 自分自身、治療中は何もやる気が起こらず自宅で過ごすことがほとんどだった。化粧することで外出する勇気がもてると思う、治療中の友人にも薦めたい。

担当者より一言

「ひとりでも多くの方を癒したい。」

日頃、当施設や大学病院などで多くの患者さまと出会っています。一番の悩みは、治療の副作用で肌の色がくすんでしまうこと。
そこで専用のファンデーションで肌色をカバーするだけで、顔色がよくなり、「元の自分に戻ったみたい」「これで仕事に行ける」と喜んでくださいます。中には、「つらい治療を一瞬でも忘れることができた」と話される方もいます。
化粧には外見ケアだけでなく、心もプラスに変えるちからがあると教えていただいています。是非、治療中の方はもちろん、これから治療を始める方も、体験にお越しください。
この化粧のちからを、一人でも多くの方に体験していただきたいと願っています。

  • ●プライバシーの保たれた個室
個室 写真
  • パーフェクトカバーファンデーションCT 写真
熱傷後の瘢痕・ひきつれ、植皮痕やがん治療によるさまざまな外見変化など

資生堂では、肌に深いお悩みをお持ちの方々へのメーキャップを
「資生堂 ライフクオリティー メーキャップ」と称し、
さまざまな外見の変化に対応したメーキャップアドバイスを
全国で行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

※口唇口蓋裂および顔面神経麻痺のバランスの補正については、
 資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター(東京・銀座)のみの
 アドバイスとなります。