桜井 奈緒美 さくらい なおみ ビューティーコンサルタントとして入社。
資生堂化粧品カウンターにて活動後、現在に至る。

抗がん剤の副作用もメーキャップでカバー

抗がん剤の治療を行っていると、髪の毛だけではなく眉毛やまつ毛が抜けたり、肌や爪も変化することがあります。 負担の大きい治療中に「化粧のちから」で少しでも自分らしさを取り戻し、心が明るくなっていただけることを願っています。

お一人おひとりの気持ちに寄り添ったメーキャップをアドバイス

治療による副作用の現れ方は個人差があります。生活シーンもさまざまで、仕事をつづけながら治療を行っている方も多くいらっしゃいます。
治療前、治療中、治療後など、お客さまの生活シーンに合わせた最適な方法を探していきたいと思っています。

治療中にあらわれる強いくすみをカバーして、気持ちも明るく

肌に色素沈着やくすみがでていると、なんとなく気分も沈みがち。負担の大きい治療中だとなおさらです。
くすみが強く通常のコントロールカラーではカバーできない…。そんな方は、是非ご相談ください。
肌のくすみを明るく健康的な肌色に見せるには、専用に開発されたコントロールカラーが効果的です。
カバーメーキャップが初めての方にも、すぐに取り入れられる簡単な方法でご案内するように心がけております。

桜井奈緒美から一言 「治療を始めてからお化粧なんてする気分になれずにいたけれど、久しぶりにメーキャップをしました。以前の自分にもどったみたい」「つらい治療に前向きになった」と笑顔も戻りとても喜んでいただきました。
化粧には、気持ちを晴れやかに、前向きな気持ちにしてくれる「ちから」があると感じています。そんな「化粧のちから」で一人でも多くの方を笑顔になっていただきたいとの思いで活動しています。
ご来所を心よりお待ちしております。

桜井奈緒美の活動

2014年日本皮膚科学会総会にて「ファンデーションによるアトピー性皮膚炎患者の顔面カバー効果」
ポスター発表