澤田 保子 さわだ やすこ 国内外でビューティーコンサルタントとして活動
資生堂契約店や社員の教育などを経験
美容ソフト、応対ソフトの企画、開発に携わる

口唇口蓋裂等の手術あとのカバー&バランス補正

口唇口蓋裂は唇や口の中に起こる先天的の病気です。症状は人により違いがありますが、手術後の傷あとや口や鼻の形などのバランスを気にされご来所されます。完全に目立たなくすることは難しいですが、カバー部分に視線がいかないようにするメーキャップや口や鼻、顔のバランスを補正する等、一人ひとりの「なりたい自分」を第一に、最適なメーキャップ方法をご紹介します。

「化粧のちから」で社会復帰のお役に立ちたい

全国の大学病院を訪問し、あざや白斑、口唇口蓋裂、ケガや手術による傷あとややけどあと、抗がん剤の副作用による外見上の変化に悩む方々にカバーメーキャップのアドバイスをしています。
お悩みは、ご本人だけでなく周りで支えているご家族にとっても精神的なご負担が大きいと思います。悩み部分がカバーされると自然と笑顔が戻り、それをご覧になっているご家族も笑顔に。化粧は、外見を美しくするだけでなく、心まで元気にする力があると感じています。「化粧のちから」で社会復帰のお役に立ちたいと思っています。

お子さまの成長に寄り添う

ある大学病院で口唇口蓋裂の女の子とお母さまに出会いました。まだ、幼いので大人のようにメーキャップはできませんが、今の段階でできる傷あとのカバーをしたところ、始めは緊張の表情をしていましたが、カバー後は満面の笑顔になってくれたことがとても嬉しく印象的でした。今後も化粧でできるサポートを行いながらお子さまの成長に寄り添っていきたいと思います。

澤田保子から一言 センターにご来所された時、表情は固かった方が、カバー後は「もっと早く来ればよかった」「今日来て本当によかった」と言ってくださり、笑顔でお話ししていただけることが何よりも嬉しく励みになります。化粧は、単に悩みをカバーするだけでなく、笑顔を取り戻し、一歩前に踏み出す勇気を与えてくれると思います。