1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 資生堂のサステナビリティとは

サステナビリティ
Sustainability

資生堂のサステナビリティとは

資生堂のビジョン

資生堂は、「美しい生活文化の創造」というミッションのもと、美しさを通じて人々が幸せになるサステナブルな社会の実現を目指しています。

資生堂グループのサステナビリティ戦略

資生堂グループは、100年先も社会とともに持続的に成長し、将来にわたって世界中のステークホルダーから支持され、必要とされるグローバルビューティーカンパニーとなることを目指しています。当社を取り巻く世界の社会課題・環境問題、特に国連が主導する「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」に積極的に取り組み、長期的に健全な社会を形成していくことは、資生堂のサステナビリティにとって非常に重要であると捉えています。サステナビリティ戦略は、社会課題・環境問題の解決と事業の成長拡大を目指す成長戦略と位置づけています。

サステナビリティ戦略の考え方

サステナビリティ戦略の考え方

重点領域

当社が目指している「美しさを通じて人々が幸せになるサステナブルな社会の実現」には、一人ひとりのお客さま、そのお客さまが属している社会、人々の暮らしを支えている地球環境のすべてが持続可能であることが重要です。そこで、「Person(お客さま)」「Community(社会)」「Planet(地球環境)」をサステナビリティ戦略の重点領域と定め、取り組みを進めていきます。

Person(お客さま)
革新的な商品やサービスの提供と、透明性の高い情報開示・コミュニケーションを通じて、世界中のお客さまの「すこやかで美しくありたい」という気持ちに寄り添い、一生を共に歩むパートナー企業になることを目指します。

Community(社会)
まず、当社の事業と関わりが深い女性の活躍支援(エンパワーメント)に注力し、国連と連携したジェンダー平等啓発や途上国女性の自立支援などの社会課題への取り組みを通じて、性別や年齢、国籍といった一人ひとりの違いを多様な個性として受け入れられる社会の実現を目指します。

Planet(地球環境)
当社の事業や人々の暮らしを支えている地球環境を保全し、持続可能なモノづくりに取り組むとともに、単なる環境対応にとどまらず、お客さまの心に響く価値を商品に付加することで、バリューチェーンにおける環境負荷の最小化と事業における成長を目指します。

また、重点領域において事業への影響と社会からの期待という観点から重要項目を抽出し、活動につなげています。この重要項目は社会の変化に合わせ定期的に見直していきます。

サステナビリティ視点での重要項目

サステナビリティ視点での重要項目

推進体制

資生堂ではサステナビリティに関する決裁を、業務執行における重要案件を意思決定する「Executive Committee」で行っています。

国際社会との連携

資生堂は2004年9月に国連グローバル・コンパクト(target_blank)への参加を表明しました。
グローバル・コンパクトが要請している4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則を支持しており、2008年11月には国連グローバル・コンパクトの気候変動に関するイニシアティブ「Caring for Climate」に賛同・署名し、地球環境の保全に努めています。
また、2010年9月には女性の活躍推進に積極的に取り組む企業の行動原則「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」(target_blank)に署名し、さまざまなステークホルダーとともに取り組みを進めています。
今後は、2015年9月に国連で採択された 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)(target_blank)の達成に向けて、より一層取り組みを強化していきます。

※持続可能な開発目標(SDGs)とは
貧困や不平等、気候変動などの社会課題や環境問題を解決し、2030年までに持続可能な世界を実現するために国連で採択された世界共通の目標。17の目標と169のターゲットに全世界で取り組むことで地球上の誰一人として取り残さないことを目指している。

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)

WEPs ロゴ

「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」に署名

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)

For Community (社会のために)

For Planet (地球環境のために)


ISO26000 7つの中核主題への対応

スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報