1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 消費者課題
  4. お客さま満足度向上のための活動
  5. ユニバーサルデザイン
  6. ユニバーサルデザイン

サステナビリティ
Sustainability

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインという言葉と概念は、ノースカロライナ州立大学の故ロナルド・メイス教授によって、1975年に提唱されました。

「個人の価値が尊重され、どんな人にもアクセスしやすい環境デザインや、どんな人にも分かりやすく使い勝手がよい商品デザイン」と定義されています。
自身も障がいがありながら建築家として活躍したメイス教授のこの考え方は、当初、公共施設を中心に日米で注目されていました。

しかし近年では、障がいのある方だけでなく、高齢者の生活環境にも配慮する意識を背景に、社会的な大きなテーマとなっています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)
For Community (社会のために)
For Planet (地球環境のために)

ISO26000 7つの中核主題への対応
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報