1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 消費者課題
  4. 動物実験と代替法に対する取り組み

サステナビリティ
Sustainability

動物実験と代替法に対する取り組み

動物実験廃止に向けた取り組み

資生堂は、代替法に基づく安全性保証体系を確立し、これにより2013年4月から開発に着手する化粧品・医薬部外品における動物実験を廃止しました。なお、社会に対して安全性の説明をする必要が生じた場合を除きます。
今後も引き続き有効な代替法の開発を継続するとともに、代替法の公定化(各国・地域の法制度において正式な実験方法として認可されること)に向けて積極的かつ強力に各国の行政機関に働きかけてまいります。

化粧品の動物実験廃止を目指し、ステークホルダーの方々と意見交換を行いました。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter


For Person (お客さまのために)

For Community (社会のために)

For Planet (地球環境のために)


ISO26000 7つの中核主題への対応

スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報