1. Home
  2. サステナビリティ
  3. サステナビリティトップコミットメント

サステナビリティ
Sustainability

サステナビリティトップコミットメント

常に世界中のお客さま・社会から信頼され、必要とされる存在に
資生堂グループCEO 魚谷 雅彦 VISION 2020のゴール

資生堂グループは、企業使命である「美しい生活文化の創造」の実現に向けて、100年先もステークホルダーの皆さまに愛され続ける企業となるために、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」をめざし、「売上1兆円超、営業利益1000億円超」という数値目標を掲げた中長期戦略「VISION 2020」に取り組んでいます。

VISION 2020の達成に向けて

2015年度からスタートした最初の3カ年は、「事業基盤の再構築」の期間と位置づけ、グローバル経営基盤の構築、マーケティングやイノベーションへの投資強化によるブランド価値向上、新ブランド取得によるポートフォリオ強化、投資原資を捻出するための構造改革などに注力してきました。その最終年度である2017年度は、事業を成長軌道に乗せるための重要な年と位置付けています。日本を含むグローバルプレステージ領域での更なる飛躍や、日本発ブランドの成長加速、デジタル・Eコマースの強化など、「Think Global, Act Local」の考えに基づき、各リージョン、ブランドの力を最大限に発揮していくと共に、生産性の更なる向上にも全力をあげて取り組んでいきます。

持続可能な社会の実現を、共に。

私たちは、将来に渡って輝き続けるサステナブルな企業であるために、常に世界中のお客さま・社会から信頼され、必要とされる存在でありたいと考えています。そのためには、100%お客さま起点に立ち、お客さまの期待や想像を超える商品やサービスなど、新たな価値の提供に邁進し続けることに加え、事業に限らずさまざまな領域において培ってきた有形・無形の価値を社会に還元し、貢献し続けていく所存です。

さらには、未来まで続く持続可能な国際社会の実現と発展のため、国連グローバル・コンパクトには2004年9月に署名し、2015年9月に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals)の達成にも積極的に取り組むなど、国際社会の一員としての責務をしっかり果たすべく、資生堂グループの全社員一人ひとりが高い倫理観と使命感を持って取り組んでまいります。ステークホルダーの皆さまにおかれましては、今後も変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

魚谷 雅彦

2017年3月
資生堂グループCEO

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter


For Person (お客さまのために)

For Community (社会のために)

For Planet (地球環境のために)


ISO26000 7つの中核主題への対応

スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報