1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 環境
  4. 環境目標と実績
  5. 2020年度までの環境活動方針と目標

サステナビリティ
Sustainability

環境目標と実績

2020年度までの環境活動方針と目標

製品ライフサイクルを通じた環境負荷の最小化

「製品ライフサイクルを通じた環境負荷の最小化」では、資生堂独自の環境基準である「モノづくりエコスタンダード」に則り、研究開発・商品企画・調達・生産・物流・販売・使用・廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全体で環境対応を進めていきます。
まず、有限な石油資源の節約と、化粧品容器の廃棄・焼却時におけるCO2排出量の抑制を目的として、2011年度より、サトウキビ由来ポリエチレン容器の採用を開始しました。その他にも、レフィル配置アイテムの拡大や、バガス紙*・FSC認証紙など環境に配慮した紙の商品への採用拡大など、商品の環境対応に積極的に取り組んでいきます。

また、水資源への対応として、製品ライフサイクルを通じた水使用量削減に取り組んでいます。

* サトウキビから砂糖を採ったあとの繊維(バガス)を原料として作られる非木材紙
商品の環境対応の目標
項目 目標
植物由来容器の
採用
2020年度までに、国内化粧品事業で使用するポリエチレンの70%以上を石油由来から植物由来に切り替えます。
レフィル化の
加速
2020年度までに、国内化粧品事業のファンデーション(コンパクトタイプ)、白粉、シャンプー・コンディショナーのジャンボサイズのレフィルを100%配置し、化粧水・乳液(ディスペンサータイプ)のレフィルを70%以上配置します。
バガス紙他
環境配慮紙の
積極採用
2012年度以降の国内化粧品事業の新製品・リニューアル品で紙を使用する商品においては、バガス紙・FSC認証紙など環境配慮紙への切り替えを促進します。

(2011年度策定)

全世界でのCO2排出量の削減

「全世界でのCO2排出量の削減」については、本社・リサーチセンター(グローバルイノベーションセンター)・工場・販売会社・関係会社のCO2排出量を管理し、全世界でCO2排出量削減に取り組んでいます。

CO2排出量削減目標
事業所 基準 2017年度目標 2020年度目標 対象
国内 生産事業所 2009年度 18%削減 20%削減 絶対量
非生産事業所 11%削減 14%削減
海外 生産事業所 22%削減 23%削減 BAU比※1
非生産事業所 8%削減 11%削減 絶対量※2
※1 BAU比: 特段の削減策を講じなかった場合に想定されるCO2排出量 (BAU:Business As Usual)と削減策を講じた場合に想定されるCO2排出量の比較
※2 海外非生産事業所については、データ未取得事業所を除く
通常、温室効果ガス(GHG)はCO2、CH4、N2O、HFC、PFC、SF6、NF3の7種を指しますが、本サイトでは特に断りのない限り、これらの温室効果ガスをCO2と表記しています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)
For Community (社会のために)
For Planet (地球環境のために)

ISO26000 7つの中核主題への対応
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報