1. Home
  2. サステナビリティ/CSR
  3. エシカルなサプライチェーン

サステナビリティ/CSR
Sustainability/CSR

エシカルなサプライチェーン

資生堂が考えるエシカルなサプライチェーン

英国現代奴隷法が2015年に制定され、その他の国でも同様な法律が検討されるなど、近年は「ビジネスと人権」について非常にクローズアップされています。資生堂も自社内だけではなく、お取引先も含めたサプライチェーンで環境的・社会的にエシカル(倫理的)でありたいと考えています。私たちは以前よりビジネスに関わる環境や労働問題に注力してきましたが、2017年に新たに人権方針を策定し、地域社会や地球環境により配慮したエシカルな事業活動を進めています。

エシカルなサプライチェーン構築のための方針・基準をご紹介します。

エシカルなサプライチェーンのための具体的な取り組みをご紹介します。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
重点活動テーマ
ステークホルダー別の取り組み
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報