1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 組織統治
  4. コンプライアンス
  5. 企業倫理の浸透

サステナビリティ
Sustainability

コンプライアンス

企業倫理の浸透

(1)職場での企業倫理の浸透

日本国内では、各事業所により高い倫理観を持つ風土づくりを担当する企業倫理推進リーダーを配置。海外においては、地域ごとに配置したリスクマネジメントオフィサーが各地域の企業倫理活動を担当。また、各事業所にビジネスエシクスオフィサーを配置し活動をサポートしています。企業倫理推進リーダーおよびリスクマネジメントオフィサーは、定期的に企業倫理活動推進状況・結果をコンプライアンス委員会に報告しています。

(2)全社員研修(年1回)

社員同士の話し合いによる「気づき」を大切にした人権啓発や企業倫理研修を、日本国内の資生堂グループすべての事業所において毎年1回実施しています。
推進にあたっては全国の各部門に配置した「人権啓発推進委員」が集合し、さまざまな人権課題の中から問題解決すべきテーマを検討しています。
人権啓発への意識を高めるために、eラーニングを実施します。また「風通しの良い職場風土作り」をめざし、さまざまシーンでより良いコミュニケーションを目指した研修を実施しています。

(3)階層別研修(年1回)

全社員対象の研修に加え、役員、管理職、新入社員といった階層や事業所別の特性に合わせた内容で、集合研修を実施しています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)
For Community (社会のために)
For Planet (地球環境のために)

ISO26000 7つの中核主題への対応
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報