1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 人権
  4. 人権の尊重・差別に関する方針

サステナビリティ
Sustainability

人権の尊重・差別に関する方針

資生堂グループでは、「Our Mission, Values and Way」のOur Way「社員とともに」に則り、関係会社を含む全事業所で、啓発研修を通じて広く人権問題を学び、正しい理解と認識のもと「差別のない、差別を許さない、人権尊重の企業体質づくり」をめざすことを人権啓発基本方針としています。

また、人権活動においては、自らの企業活動の中で「資生堂グループ・サプライヤー行動基準」を策定し、その中に労働(児童労働禁止、差別禁止、安全衛生など)に関する項目を織り込んでいます。これらの活動に継続的に取り組むことはもちろんのこと、グローバル・コンパクト支持の一環として、2008年12月に世界人権宣言60周年を記念し、グローバル・コンパクトが企画するCEO宣言に賛同、世界に向けて「人権が普遍的かつビジネスにおいて重要な課題であり、それぞれの企業活動において人権を尊重し、サポートする」ことを宣言しました。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)

For Community (社会のために)

For Planet (地球環境のために)


ISO26000 7つの中核主題への対応

スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報