1. Home
  2. サステナビリティ/CSR
  3. 資生堂ライフクオリティービューティーセミナー
  4. 具体的な活動

サステナビリティ/CSR
Sustainability/CSR

具体的な活動

ビューティー講座

2017年4~5月に、日本郵便株式会社の新入社員研修の一環で、「ビューティー講座(フレッシャーズコース)」を開催し、17年度新入社員全国約4,400名に、日本郵便社員としてふさわしい身だしなみの実践を学んでいただきました。

女性対象のセミナーでは、第一印象の大切さ、スキンケア、ベースメイクアップ、ポイントメイクアップなど、男性対象のセミナーでは、身だしなみのチェック、スキンケア、ボディケア、ヘアスタイリング、眉の整え方、魅力的な表情に関する実習などを行いました。

女性の受講者からは、
「社会人としての基本的な化粧や、お肌のお手入れの仕方を知ることができたので、とても良い経験になりました。この時間に学んだことを活かし、さっそく、実践していきたいと思います」「社会人として、これから多くのお客さまと接していきますので、ファッションとしてではなく、マナーとしてのメイクをがんばります」などのお声をいただきました。

男性の受講者からは、
「お客さまへの印象を良くするために、男性でも肌のケアをしっかりとする必要性を理解できました」「さまざまな商品の正しい使い方を教えていただいたので、人に見られる仕事だということを意識し、精進していこうと思います」などのお声をいただきました。

また、セミナーを担当した講師からは、
「受講者の皆さまが、楽しみながら、とても熱心に参加してくださっているのが表情からも伝わりました。これを機会に、毎日、実践したいという声が多くありました」
「お客さまを意識した身だしなみの大切さをしっかりと頭においている方が多く、お客さまから好感をもっていただくにはこういう髪型がいい、などと声をかけながら実習をなさっていました」などの声がありました。

資生堂は、今後も、化粧・美容を通じて、新入社員の皆さまの今後のご活躍を応援いたします。

女性対象のセミナー

女性対象のセミナー

男性対象のセミナー

男性対象のセミナー

高齢者に対する取り組み

国内での取り組み

資生堂ジャパンは、医療機関や介護施設、自治体等からの依頼で、「いきいき美容教室」を全国で開催し、毎年、のべ約35,000人以上の高齢者が参加しています。
2017年6月3日に、熊本県山鹿市にて開催された「歯と口の健康週間」事業(山鹿市歯科医師会主催)において、地域の高齢者を対象に、いきいき美容教室を開催し、女性15名にご参加いただきました。
事後アンケートでは、「最近は、化粧をして外出する事もおっくうになっておりました。今回、化粧療法をうけて、大変幸せな気持ちになり、久しぶりに少し遠くまで買い物に行ってみました」とのコメントをいただきました。

いきいき美容教室の様子

いきいき美容教室の様子

また、化粧療法の担い手の養成として、医療・介護従事者、一般の方を対象とした化粧療法講座も開催し、昨年は、のべ約2,800人の方に化粧療法を学んでいただきました。
2017年6~7月に、東海歯科医療専門学校の授業の一環で「化粧療法講座」が開催され、歯科技工士を目指す学生20名以上にご参加いただきました。
これまでにない授業内容に戸惑いながらのスタートでしたが、実習を通じて、少しずつ笑顔と会話が増えていき、最後は笑顔で終了。「気持ちよかった、楽しかった。」との声をいただきました。

化粧療法講座の様子

化粧療法講座の様子

資生堂は、今後も、化粧・美容を通じて、高齢者の健康長寿のお手伝いをさせていただきます。

海外での取り組み<台湾>

台湾資生堂は、資生堂ライフクオリティービューティーセミナーを社会貢献活動の柱として、2009年より積極的に行っています。そして、2016年には化粧療法のプログラムを初めて導入し、2017年から台湾全土に展開、年間で40回のプログラムを実施しました。
台湾では、地方自治体の協力のもと、公共施設において、高齢者の方々に、スキンケアとメイクアップの実習を行っています。参加された皆さんからは、「とても楽しかった」「元気になった」「積極的に動けるようになった」など、たくさんの喜びの声が上がっています。また、このプログラムに参加された認知症の方が、表情と笑顔を取り戻されたという姿も見られました。
台湾資生堂は、これからもこの活動の質を高め、継続的に化粧療法を行うことにより、台湾の皆さんの健康と美に貢献していきたいと考えています。

台湾での資生堂ライフクオリティービューティーセミナーの様子
台湾での資生堂資生堂ライフクオリティービューティーセミナーの様子

台湾での資生堂ライフクオリティービューティーセミナーの様子

社会貢献身だしなみ講座

資生堂ジャパンは、特別支援学校や障がい者就労支援施設からの依頼で、障がいのある方や、児童養護施設の児童対象に「身だしなみ講座」を全国で開催し、毎年、約7,000人の方に実施しています。

2017年度は、28件の視覚に障がいのある方への「身だしなみ講座」を行いました。
2017年7月から11月の間には、京都、神戸、香川、福岡、鹿児島の5カ所で、日本盲人会連合依頼の「身だしなみ講座」を実施しました。
進行役の言葉を頼りにスキンケア・メイクをご自身で楽しみながら、実習を行っていただきました。実習をする事への難しさを感じる場面もありましたが、化粧が仕上がると、皆さまの表情が明らかに変わり、改めて“化粧のちから”を感じていただくことができました。

参加者の方からは、「全ての動作が細かく言葉で説明され、失敗しないためのコツについても学ぶことができた」「チップやスポンジなどの道具を使う際には、まず初めに色を付けていない状態で練習する時間が設けられていた」「利き手でない方の手をどう使えば、はみ出ずにきれいに描けるのかわかった」という声をいただきました。

身だしなみ講座の様子

身だしなみ講座の様子

資生堂では、1984年に点字版美容テキスト、商品識別点字・墨字シール、使用料目安シールといった視覚に障がいのある方をサポートするための美容教材を作成しました。1987年からは年4回美容情報 CD「おしゃれなひととき」を制作し、全国約80か所の点字図書館に寄贈しています。2002年からは資生堂WEBサイトに 「資生堂リスナーズカフェ」を掲載し、化粧品の使い方の説明を音声読み上げソフトで対応しています。また、「おしゃれなひととき」の最新号も掲載しています。
資生堂は、今後も、本活動を通じて、障がいのある方の化粧や身だしなみのお手伝いをさせていただきます。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
重点活動テーマ
ステークホルダー別の取り組み
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報