1. Home
  2. サステナビリティ
  3. UN Womenとの連携・女性活躍推進

サステナビリティ
Sustainability

UN Womenとの連携・女性活躍推進

UN Womenとの連携

資生堂は日本企業として初めてUN Womenと契約を締結し、日本においてジェンダー平等を推進するリーダーとして活動することを約束しています。

UN Womenとの取り組み

資生堂は、2017年、日本企業として初めてUN Women(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)と契約を締結し、ジェンダー間の格差が根強く残る日本において、ジェンダー平等を推進するリーダーとして活動することを約束しました。今回の契約は、女性の活躍を積極的に推進してきた資生堂と、世界中でジェンダー平等と女性のエンパワーメントに取り組むUN Womenの想いが一致したことから実現しました。 今後は、UN Womenが推進する「HeForShe(target_blank)」キャンペーンの社内外への浸透に加えて、若年層とともにジェンダー課題の解決策を考えるワークショップを通じて、性別問わず自分で自分の人生を選択し能力を発揮できる社会の実現をめざします。

【関連リンク】資生堂ニュースリリース

UN Women

What’s HeForShe?

HeForSheは、UN Womenによるジェンダー平等のための連帯キャンペーンです。
2014年にスタートし、女性だけでなく男性や世界中のすべての人々が 主体的に関わることをめざした取り組みです。

HeForSheの詳細についてはこちら

このキャンペーンでは賛同いただける方の署名を募っています。 私たち一人ひとりの想いや行動がジェンダー平等を実現する大きな一歩となります。

賛同いただける方はHeForSheへの署名にご協力ください。

HeForShe

高校生・大学生を対象としたジェンダー平等啓発ワークショップ開催

2017年よりUN Womenと連携し、これからの未来を担う若年層を中心としたジェンダー平等啓発ワークショップを開催しています。世界、また日本においても根強く残るジェンダー課題を取り上げ、人々が社会や周囲からの固定概念に縛られず、より自分らしく生きるためにはどうしたらよいかを高校生・大学生の視点で考え、問題提起から解決策までを社会に提言するプログラムです。

そして、2017年10月14日、東京の国連大学にて、UN Womenと共催し、学生によるジェンダー課題の解決策を提言するイベントを開催しました。
高校5校と大学3校の計8校の代表チームが出場し、学生ならではの発想で考えた斬新な解決策を各セクター(行政、民間企業、教育機関、NPOなど)に提言しました。提言のテーマはジェンダー教育のあり方や家庭内における性別役割分担意識の問題、またセクシャルマイノリティに関する内容など多岐に及びました。これらの課題解決策に対し各セクターの代表者からは「我々も気付かされることが多くあった。また、この場だけでなく発信力のある学生たちには積極的にこういった課題を社会に投げかけてほしい」などと各チームに講評をいただきました。参加した学生からは「とても緊張したけど、貴重な経験でした。提言するだけでなく、今後、行動を起こしていきたい。」と言った声が聞かれました。

さらに、同会場にてサイドイベントを開催し、資生堂がグローバルで推進している様々な女性活躍支援活動のパネル展示やジェンダー体験イベント、HeForSheの紹介ブースなどを設置し、参加者にジェンダー課題を自分事として考えてもらうきっかけをつくりました。

資生堂は今後も、このような活動を通じて、すべての人々が自分らしく輝く社会の実現に向けて活動を推進してまいります。

学生の発表の様子
学生の発表の様子

学生の発表の様子

サイドイベントの様子

サイドイベントの様子

参加者集合写真

参加者集合写真

※2018年度のプログラムについて
18年度の参加校募集は終了いたしました。
(募集期間2018年3月9日~4月20日)18年度募集概要はこちらからご覧ください。

「国際女性デー」をきっかけとした女性活躍支援の取り組み

3月8日の「国際女性デー(International Women’s Day)」を機に、女性が女性であることに誇りをもち、もっと輝いてもらいたいという想いから、2018年のこの日、「ピンク」をテーマカラーにHappy Women’s Dayイベントを開催しました。

3月8日の「国際女性デー(International Women’s Day)

Happy Women’s Day店頭キャンペーン

銀座エリアのデパートカウンターでは、ご来店されたお客さまに、テーマカラーのピンクメークを中心に一人ひとりの美しさを引き出すメーキャップをご提案するとともに、ささやかな記念品を差し上げました。

ビューティコンサルタントを通じ、年に一度のこの記念日にこめた資生堂の想いを多くのお客さまに届けることができました。

Happy Women’s Day店頭キャンペーン

GINZA SIXの特製フォトブース前にて

トークイベント「”Happy Women’s Day” あしたのわたしへ」の開催

国際女性デー当日の夜、トークイベント 「”Happy Women’s Day” あしたのわたしへ」をBuzzFeed Japan株式会社と共催しました。

メインのトークショーでは、スペシャルゲストに滝川クリステルさんをお迎えし、「2020にむけて~日本の女性に伝えたいこと」をテーマに、ご自身のニュースキャスターとしての経験やフランス生活で培った価値観をもとに、女性の働き方・生き方についてお話頂きました。

「自らの経験を語る滝川さん」

自らの経験を語る滝川さん
Kazuhiro Gohda for BuzzFeed

更にトークの後は、ゲストの滝川さんより、過去の自分や誰かに対する応援や反省の気持ちを綴ったつぶやきを募集したTwitterアワード「#あのときのわたしへ」の結果発表が行われました。

資生堂賞の作品

育休明けのお母さん同僚に向かって「私がやっときますから早く帰ってあげてください。お子さんにとってお母さんの代わりはいませんし。」と言った #あのときのわたしへ 。悪気はなかったし親切のつもりだったんだよね。でも、言われたお母さん悲しそうだった。もっと相手の気持ちを汲める人になろう。(らのじさん @Rano_Zy)

また、資生堂の島倉研究員より、「Power of Pink」と題し、今回テーマカラーとした「ピンク」という色がもつイメージやヒトの心に与える影響などについての講演も行いました。「Something Pink」を身につけた参加者に対し、ピンクは多くのヒトにやさしさや思いやりを想起させる、社会性の象徴といえる色であり、自分自身や相手の心や気持ちを考える日にふさわしい色。ピンク色を身にまとい、性別・国籍・年齢関係なくお互いを思いやりリスペクトしあうことを、この日に改めて皆さんに思い起こしてほしい、そんな願いを込めて今回のテーマカラーを「ピンク」にしたという主催者の思いを伝えました。

資生堂は、創業者・福原有信が唱えた「働く女性観」をDNAとして受け継ぎ、明治の創業期から現在にいたるまで女性活躍支援活動を継続しています。「女性を輝かせる企業」として、これからも積極的に社会に対してさまざまなアクションを起こしていきます。

島倉研究員の講演

島倉研究員の講演

参加者で記念撮影

参加者で記念撮影

滝川さんのトークショー、Twitterアワードの詳細についてはこちら

女性研究者・学術支援活動

資生堂では、自然科学分野で指導的研究者をめざす女性への支援や、40年以上にわたる皮膚科領域への助成を通じ、科学界および皮膚科領域の発展に貢献しています。 また、美容皮膚研究分野では、当社が設立資金を寄付した医療法人財団花椿会が「南青山皮膚科 スキンナビクリニック(target_blank)」を開設しています。その研究成果は、すべての方のQOL(Quality of Life=生活の質)向上をめざし、新たな化粧品開発や美容医療に役立てられています。この功績が認められ、日本美容皮膚科学会からも表彰されています。

女子中高生の理系進路選択支援

資生堂では、「女性の理系人材の育成」という日本の社会課題解決の一助となるべく、2011年度より女子中高生を対象に、資生堂の豊富な技術と人材を活かした理系進路選択支援活動を開始しました。
具体的には、資生堂の研究員などの理系出身社員が講師となり、女子中高生に対し、学問としての理科への興味を喚起するとともに、「理系を選択することで導かれる将来の選択肢の広さ・可能性」について、体験を踏まえたキャリア教育を行っています。
2016年度は、國學院大學久我山中学高等学校など、3校で実施し、延べ約160人の中高生を対象に理系の進路選択の魅力を伝えてきました。
授業を受けた生徒からは、「理系に進んだ先の職業選択の幅の広さがわかった」などの感想が寄せられています。また、講師を担当した研究員にとっても自身の原点を振り返る良い機会となっています。
今後も学校側と連携をとりながら、資生堂にしかできない社会活動を提示することで、女子中高生が将来の“夢”を設計する後押しを行い、科学技術立国日本を支える未来の理系人材育成に貢献してまいります。

國學院大學久我山中学高等学校(講義風景)

國學院大學久我山中学高等学校(講義風景)

國學院大學久我山中学高等学校(ワークショップの様子)

國學院大學久我山中学高等学校(ワークショップの様子)

子育て支援

資生堂では、社員への「仕事」と「育児」両立支援にとどまらず、育児期の女性の多様な悩みについて社会全体で共有し応えるための取り組みを行っています。

事業所内保育所の運営受託を通じて子どもたちや働く親たちに寄り添う「KODOMOLOGY」

資生堂は、「人々が幸せになるサステナブルな社会づくり」の一環として、企業が持つ事業所内保育所の運営受託を柱にした「KODOMOLOGY株式会社」を2017年に設立し、保育事業をスタートさせています。

これまでの女性活躍支援の歴史からの学びや長年の化粧品事業などを通じて蓄積してきた様々な知見の活用、社会的価値を持つ多様な外部機関との連携を進め、社会における保育のさらなる価値向上やこれからの時代に必要な子育て文化の創造、さらには、働く人々を取り巻く企業や社会の環境づくりにもステークホルダーと取り組んでいきたいと考えています。

KODOMOLOGYのコーポレートサイトはこちら(target_blank)

「KODOMOLOGY」

事業所内保育所「カンガルーム汐留」

首都圏に勤務する子育て社員の「仕事」と「育児」の両立支援の一環として、2003年9月に事業所内保育所「カンガルーム汐留」をオープンしました。

“企業が連携して子育て環境を改善していく”という考えに基づき、主旨賛同の近隣企業へ定員枠の一部を開放しています。当施設により「いつでも安心して復職することができる」「子どもが近くにいる安心感」「迎え時間が不要なため、仕事に集中できる」など、働き方の意識改革やワーク・ライフ・バランスの実現へ大きく貢献しています。

社員への仕事と育児・介護の両立支援についてはこちら

「カンガルーム汐留」

資生堂ランニングクラブ

資生堂ランニングクラブは「強く・速く・美しく」をスローガンとして活動しています。
女性アスリートの支援を通じ、“自己に克つ強さ”“早く走る能力や技術”のみならず、“おもてなしの心”を育成し、心・技・体 三拍子整った“資生堂ならではの健康美”を提唱していきます。
クラブに所属する選手を育成するとともに、社会貢献活動として、「社外ランニング教室・講演会」「地域ランニングイベントへの参加」を積極的に推進し、子どもから高齢者までの一般市民ランナーに“走ることの楽しさ”や“健康増進効果”をお伝えしています。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter

For Person (お客さまのために)
For Community (社会のために)
For Planet (地球環境のために)

ISO26000 7つの中核主題への対応
スペシャルコンテンツ
おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報