PICK UP TECHNOLOGY

トップページへ戻る

工場はワンダーランド!

メリーゴーランドにジェットコースター!?まるで遊園地のような、化粧品工場に潜入!

久喜工場の驚くべき数字

TSUBAKIは2006年の発売以来、累計2億5000万本以上が出荷されています。

シャンプーなどのトイレタリー製品を扱う久喜工場では、TSUBAKIをはじめ、約400品種を生産しています。

1年間に生産される製品数は、約3億3000万個にのぼります。

久喜工場の敷地は、東京ドーム2倍以上の広さを誇ります。

工場の使命は、ひとりひとりのお客さまに高品質の製品をお届けすること。
それを実現するため、スピードと正確性・安全性を重視しながら、24時間365日、生産を続けています。

品質も地球も大切に

資生堂は椿の森を育て、製品に活用し、売り上げの一部は環境活動に利用する、循環型の環境活動にも力を入れています。長崎県五島列島での椿の植林・保全活動から生まれた天然の椿オイルはTSUBAKIの製品にも配合されています。
久喜工場では、環境負荷の低減をめざしてさまざまな活動に取り組んでいます。消費電力ゼロの太陽光照明をはじめ、エネルギーの有効活用や、すべての廃棄物を再使用または再資源化するゼロエミッションの達成など、積極的な取り組みが行われています。ISO14001の認証は、日本の化粧品業界ではじめて取得しました。品質を大切にしている化粧品を生み出す工場は、地球にもやさしい工場でありたい。資生堂が大切にしている姿勢です。

久喜工場における主なエコ活動はこちら

PAGE TOP

PICK UP TECHNOLOGY