PICK UP TECHNOLOGY

トップページへ戻る

この「胸キュン」を教えてあげる

資生堂は長年にわたり様々な脳研究に取り組み、化粧品の開発に応用してきました。
さて「胸キュン」したとき、あなたの脳は?

胸キュンは、脳キュン。資生堂の脳研究。

たとえば、すてきなできごとに心が躍ったとき。たとえば、恋人に対して胸のときめきを感じたとき。あなたの脳では、さまざまな反応が起きているのです。
心の状態と密接に関係しているといわれる、脳の生理的状態。資生堂は、様々な脳計測技術を活用して、1980年代からいち早く脳研究に着手。以下のような脳に関する研究に取り組み、成果を出しています。

  • あなたさえも気づかない、脳の本当のきもち。

  • 脳を"良い状態"にするはたらきかけを探る。

  • 肌は脳の鏡?その密接な関係とは。

化粧品の感触研究あなたさえも気づかない、脳の本当の気持ち。

同じ化粧品でも、「しっとり」「さっぱり」「すべすべ」など、人によって感じ方は違います。
資生堂は、長岡技術科学大学の中川匡弘教授と共同で、化粧品使用時にお客さまが一番実感している感性を、脳波を用いて検出する手法を確立。
本人も自覚しきれない感性までを定量化することで、単なるアンケートではわからないよりきめ細やかな評価の把握が可能になりました。

脳への働きかけ脳を"良い状態"にする働きかけを探る。

脳が心と関係している以上、できるだけ脳を"良い状態"にしておきたいものです。
資生堂は、脳に影響を与える働きかけについても研究を重ねています。

●ハンドマッサージの効果

マッサージなどの「触れる行為」は、化粧品において非常に重要です。資生堂では、ハンドマッサージにリラクゼーション効果があることを脳反応により見い出しました。

さらに「機械的な触れ方」と「心を込めた触れ方」の脳反応の比較を行ったところ、機械的に触れると警戒心やどきどきするなどの交感神経の高まりと関わる脳部位が、心を込めて触れると、「体性感覚野(触覚に反応する部位)」が活性化したことがわかりました。
このことから心を込めて人の肌に触れることが、安心感と皮膚感覚の感受性を高めることにつながり、ハンドマッサージによって深いリラクゼーションが生じることが推測されます。

●バラの香りの効果研究

リラックス成分の素材として、現代バラの香りから鎮静成分を発見。そこでその香りを長期実使用すると脳がどのように変化するかを見るために、朝晩1カ月間使用しました。
その結果、ストレス脳(ストレスを感じた時に右脳が活性するタイプ)からリラックス脳(ストレスを感じた時に左脳が活性するタイプ)への改善が見られました。

脳と肌との関係肌は脳の鏡? その密接な関係とは。

脳の状態は、肌のコンディションと密接な関係があるといわれています。
資生堂は、脳を"良い状態"にすることが、肌コンディションの改善につながる可能性を発見しました。

●香りによる実験

リラックス成分配合香料を1ヵ月間使用し、ストレス脳からリラックス脳へ改善した時、多かった皮脂量が正常に戻り、日常的なストレスでニキビや肌荒れになるリスクが減ることがわかりました。
このことから、脳の状態を良くすると、肌のコンディションが改善されるといえます。

Topics

胸キュンのひみつ

好きな人に手を握れらたとき、キュンとしますよね?でも、女友達に手を握られてもキュンとはしません。

「胸キュン」は心臓が急に縮こまったりしているのではなく、脳が自律神経に影響を及ぼし、身体に影響して起こっている反応です。

つまり、好きな人に手を握られたときと、友達に手を握られたときでは、脳の反応も異なるはず。私たちは、そんな脳の反応の解析を目指して研究しているのです。

お客さまに満足していただける商品・サービスの開発を続けるために。資生堂は、これからも脳の研究を通してお客さまの“心”へ歩み寄っていきます。

PAGE TOP

PICK UP TECHNOLOGY