PICK UP TECHNOLOGY

トップページへ戻る

MISSION:体内コラーゲンを探査せよ

体内で日々つくられているコラーゲンと、
その役割を解明する迫真のサイエンスムービー。

【研究報告1】
美しい肌のカギは「コラーゲン」

人間のからだの20%は、タンパク質でできています。その全タンパク質のうち、30%を占めるのが「コラーゲン」。さらに、コラーゲンの40%は皮膚に存在しています。

からだの中にあるコラーゲンは、全部で29種類。そのうち9種類が皮膚に存在し、それぞれ重要な役割を果たしていると言われています。
中でも資生堂が注目しているのは、Ⅰ型、Ⅳ型、Ⅶ型の3つのコラーゲン。これらは、肌のハリや弾力を保つために必ず必要なもので、基底膜※付近に正しい構造で存在することが、美しい肌のためにとても大切なのです。

※表皮と真皮の境に存在している膜のこと。

  • 基底膜イメージ図

    基底膜イメージ図

  • 皮ふ断面の透過型電子顕微鏡写真

    皮ふ断面の透過型電子顕微鏡写真

●からだの中にあるコラーゲンって、どれくらい?

からだの中にコラーゲンがあると言われても、いまひとつピンと来ない…という方もいるでしょうか。
身近なものに置き換えて、その量をイメージしてみましょう。

からだの中にあるコラーゲンって、どれくらい?

●今この瞬間も、コラーゲンは減っている!?

からだの中にあるコラーゲンの中でも、皮膚にあるコラーゲンは美肌のために欠かせないもの。
しかし放っておくと、その量と質はどんどん低下していってしまうのです。

今この瞬間も、コラーゲンは減っている!?

大切なコラーゲンを守るために、 資生堂はさまざまな研究を重ねています。

【研究報告2】
からだの中に、
コラーゲンを生み出す細胞が!

からだの中には、コラーゲンをつくる線維芽細胞が存在します。しかし、そのはたらきは年齢を重ねるごとに低下していきます。つまり、コラーゲンを生み出す力がだんだん弱くなり、結果的に肌のハリが保ちにくい状態になってしまうのです。
このような肌変化のメカニズムを探っていくと、線維芽細胞のマザー細胞とも言える「真皮幹細胞」にたどり着きました。この真皮幹細胞へ効果的にアプローチすることで、線維芽細胞を元気にし、良質なコラーゲンをつくり続けられることを突き止めました。

線維芽細胞の増殖能力の低下

すなわち「線維芽細胞」がコラーゲンを生み出す能力が低下

コラーゲンのつくられ方

真皮幹細胞のはたらきを動画でご紹介

マトリョーシカでもわかる、真皮幹細胞

コラーゲンを生み出す細胞を活性化するため、その源流とも言える真皮幹細胞へはたらきかけるという新発想。資生堂のコラーゲン研究は、さらなる進化を続けます。

Topics

30年以上にわたるコラーゲン研究の歴史

資生堂は、”コラーゲンが皮膚の土台である”という考え方が世の中に定着する前から、コラーゲンが皮膚にとって大切なものであるということを認識し、加齢による減少に着目していました。それらの成果を結集し、1983年に「エリクシール」が誕生。その後もさまざまな角度からコラーゲンを研究し、多くの実績を得ています。

1983

加齢とともに、減少する肌のコラーゲンに着目した技術開発

2013

Ⅶ型コラーゲンを再生させることに成功(2013年 結合組織学会 優秀演題賞受賞)

2014

真皮幹細胞に着目しコラーゲンを産生させる技術を開発

PICK UP TECHNOLOGY