メニューを開く
メニューを閉じる

開催中の企画展

資生堂のデザイン-商品をして、すべてを語らしめよ-
Shiseido’s design -Let the product speak itself–
  • 開催期間:
  • 2018 年7月3日(火)- 12月24日(月)

  • ホワイトローズナチュラル(1954年)
  • ホワイトローズナチュラル(1954年)
  • ノンブルノワール
  • ノンブルノワール
  • シャンデュクール
  • シャンデュクール
  • タクティクス
  • タクティクス
  • オイデルミン
  • オイデルミン
  • アルティミューン
  • アルティミューン

資生堂のデザインは、創業時のプリミティブな広告表現からスタートしながら、初代社長福原信三の創設した「意匠部」に集まったトップクリエイターによって洗練されました。更にアール・ヌーヴォー、アール・デコを基調としたデザインは山名文夫によって磨かれ、繊細で優美な「資生堂スタイル」が完成しました。
一方、1960年代以降、時代の変化を背景として、伝統的な「資生堂スタイル」への様々な挑戦が 試みられました。それらの挑戦は時に「反資生堂スタイル」と呼ばれ顧客や社会に新鮮な驚きを与えると共に、資生堂にとっては新しい価値づくりの幅を広げることになりました。

資生堂企業資料館の2018年後期企画展は、前期「資生堂のデザイン-新しい価値づくりへの挑戦-」を受け「資生堂のデザイン-商品をして、すべてを語らしめよ」というタイトルの下、前期展示のポスター・宣伝物に加え、新たに1950年代以降に作られた商品の中から30品を選び展示いたします。
時代への変革のエネルギーを感じさせるポスター・宣伝物と合わせて、福原信三の「商品をして、すべてを語らしめよ」という哲学が継承された資生堂の品質・デザイン・ポリシーへの挑戦を、商品そのものの姿から感じていただけましたら幸いです。