コラーゲン

全成分表示:-コラーゲン-

全成分表示:
-コラーゲン-

食べて肌にハリと弾力。
『コラーゲン』は、タンパク質の一つ。ヒトの体を構成するタンパク質のうち約30%を『コラーゲン』が占めています。
肌のハリや弾力をキープするために重要な役割を担っており、さらには弾力が必要な骨や血管にも多く存在している成分です。加齢とともに減少するため、肌のハリを保つ働きが低下します。
最近の研究では、『コラーゲン』を食べると、体内で『コラーゲン』の生成を促すシグナルが増えることがわかっています。
資生堂ではウシやブタなど動物由来の『コラーゲン』は使用せず、サカナ由来の『コラーゲン』のみを使用しています。
この成分を配合する資生堂製品があります
効果
対応する
お悩み
美容
カテゴリ

豆知識

豆知識

肌だけでなく、血管や骨でも重要な役割を果たす『コラーゲン』

『コラーゲン』は長い鎖状につながったアミノ酸のひもが三重らせんになったもので、弾性があり、肌のハリのもととなっています。
『コラーゲン』は肌だけでなく、ヒトの体の中に非常にたくさん存在しています。体の中のコラーゲンにはいくつもの種類があり、肌では主に3種類のコラーゲンが活躍しています。
詳しくはコチラ:「MISSION:体内コラーゲンを探査せよ」


肌だけでなく、血管や骨でもコラーゲンは重要な役割を果たしています。骨を鉄筋コンクリートに例えると、カルシウムはコンクリート、コラーゲンは鉄筋です。骨粗鬆症を防ぐには、カルシウムを摂取するだけでは不十分なことがわかっています。

コラーゲンは紫外線で劣化しますが、糖がくっつくこと(糖化)でも劣化し、ハリがなくなります。
詳しくはコチラ:「ハリ・リズム♪」


食品として摂取した場合、効果がないという意見がありますが、そうではありません。
コラーゲンを食べると消化されて単体のアミノ酸やアミノ酸が2 - 3個つながったものになり、それらが消化管で吸収されて血中に移行しますが、コラーゲンを摂取するとコラーゲンにしか含まれていない特殊なアミノ酸(ヒドロキシプロリンなど)が血中に増え、それがコラーゲン産生を増やすシグナルとなることが最近の研究でわかっており、注目を集めています。
なお、体がコラーゲンを作るためにはビタミンCが必須です。ビタミンCはストレスや喫煙で減少するので要注意。ビタミンは自分では作れないので美肌のためには食生活もとても重要です。

もっと詳しく知りたい方はコチラ:「コラーゲンラボ」