「美白」に効果的な美容成分

資生堂独自成分 この成分を配合する資生堂製品があります

アルブチン

  • 美白
  • シミ
  • スキンケア
  • ボディケア
メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ。
『アルブチン』は資生堂が開発した、厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分です。コケモモに含まれていることでも知られています。
メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。シミ・ソバカスができるのを防ぐ効果が期待されています。
特許期間が終了したため、現在は多くのメーカーの美白化粧品にも使用されています。

コウジ酸

  • 美白
  • シミ
  • スキンケア
  • ボディケア
麹(こうじ)がつくりだす美白有効成分
『コウジ酸』は、シミの予防に効果が高い美白有効成分です。
シミのもとになるメラニンをつくる酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニンの生成を防ぎます。
チロシナーゼが働くのに必要な銅原子を奪って効かなくします。
お酒や醤油などの発酵過程でできる成分です。
資生堂独自成分 この成分を配合する資生堂製品があります

トラネキサム酸、m-トラネキサム酸

  • 美白
  • うるおい・保湿
  • シミ
  • くま・くすみ
  • 乾燥
  • スキンケア
  • ボディケア
シミ部位特有の現象に着目して開発した美白有効成分
『m-トラネキサム酸』は、資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分です。
シミ部位では、紫外線にあたっていないときも、メラノサイトが活性化された状態のままでメラニンを作り続けるため「シミ」が残り続けています。資生堂はこの現象に着目し、シミ部位では慢性的に弱い炎症状態になっていてメラノサイトが活性化され続けることを発見しました。『m-トラネキサム酸』はこのシミ部位特有の炎症状態をしずめ、シミを改善します。
トラネキサム酸には、「メラノサイトの活性化を抑制する」「肌荒れを抑制する」という2つの作用がありますが、『m-トラネキサム酸』は前者の効果にポイントを置いた成分名となっています。
美白効果や、うるおい・保湿効果が期待でき、さまざまな化粧品に配合されています。
この成分を配合する資生堂製品があります

ニコチン酸アミド

  • ハリ・弾力
  • うるおい・保湿
  • その他
  • 美白
  • シワ・たるみ
  • 乾燥
  • くま・くすみ
  • シミ
  • スキンケア
  • 育毛
  • ボディケア
  • ヘアケア
  • 食品
血行促進や美白効果を発揮するビタミン。
『ニコチン酸アミド』は、ビタミンBの一種で、別名「ナイアシンアミド」とも呼ばれています。血行をよくしたり、肌荒れを改善したりする効果を発揮します。
また、メラニン生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ美白効果も知られています。
この成分を配合する資生堂製品があります

ビタミンC、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸

  • 美白
  • ハリ・弾力
  • シミ
  • シワ・たるみ
  • 日焼け
  • くま・くすみ
  • 食品
  • スキンケア
  • ボディケア
  • ヘルスケア
  • ヘアケア
美白効果のある、生命活動に不可欠な栄養素。
『ビタミンC』は強い抗酸化作用を持つ水溶性ビタミン。
そもそもビタミンとは、生きるために絶対に必要な成分だけど自分では作れない成分のこと。
そのため、食べることで身体に取り入れる必要があります。中でも、『ビタミンC』は体がコラーゲンを作るときに必ず必要な成分。食事やサプリでしっかり摂取したいものです。
また、食品以外にも、酸化防止剤や、美白作用を活かして化粧品に使用されています。
資生堂独自成分 この成分を配合する資生堂製品があります

ビタミンCエチル

  • 美白
  • ハリ・弾力
  • シミ
  • 日焼け
  • くま・くすみ
  • スキンケア
メラニンに対して効果を発揮する、画期的な美白成分。
『ビタミンCエチル』は、肌に入って直接作用するビタミンCの誘導体。
ちなみにビタミンCの誘導体とは、壊れやすいビタミンCに工夫を施して長持ちさせるように改良した成分のこと。この『ビタミンCエチル』は、UVAによるメラニンの黒化を抑えることができる資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分で、新たに発見された、メラニン産生細胞外で発生するメラニンに対しても効果を発揮する画期的な成分です。美白化粧品に配合されています。
資生堂独自成分 この成分を配合する資生堂製品があります

ビタミンC誘導体、安定型ビタミンC誘導体、持続型ビタミンC誘導体

  • 美白
  • ハリ・弾力
  • シミ
  • シワ・たるみ
  • 日焼け
  • くま・くすみ
  • スキンケア
  • ボディケア
  • 食品
  • ヘルスケア
  • ヘアケア
こわれやすいビタミンCを安定に肌に届きやすくした成分。
『安定型ビタミンC誘導体』は、「水の中で壊れやすい」というビタミンCの短所を補うために、資生堂がビタミンCとブドウ糖を結合させて開発した成分です。
水中での安定性が非常に高く、皮膚に吸収されてからビタミンCを放出し、美白効果を発揮します。
厚生労働省認可の医薬部外品有効成分として、現在では世界中の化粧品メーカーに活用されています。

美白有効成分

  • 美白
  • シミ
  • スキンケア
厚生労働省が認める、シミやソバカスを防ぐ成分。
『美白有効成分』とは、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分のこと。
安全性と有効性の観点から、配合する量が決められており、その量を変更するには新たな薬事申請が必要となります。
現在、難しい審査をくぐり抜けたおよそ20種の成分が認可されており、安定型ビタミンC、ビタミンCエチル、4MSK、m-トラネキサム酸などがよく知られています。
資生堂独自成分 この成分を配合する資生堂製品があります

4MSK

  • 美白
  • シミ
  • スキンケア
メラニン産生メカニズムに作用する、資生堂特許の美白有効成分。
『4MSK』は、資生堂が研究から実用化に至るまで実に13年もの歳月を費やした厚生労働省認可の医薬部外品有効成分で、特許も有しています。
メラニンの生成を抑制するだけでなく、「慢性角化エラー」というシミ部位でのメラニン産生メカニズムに作用して、溜まったメラニンの排出を正常化する効果を持っています。
資生堂が開発する多くの美白化粧品に配合されています。