Risk Management and Complianceリスクマネジメント・コンプライアンス

コンプライアンス
委員会

当社では、CEO直轄委員会としてコンプライアンス委員会を設置し、資生堂が社会的責任を果たすために求められる全ての領域を対象とし、以下を行っています。

  • 社会変化や社内の現状を的確に捉え、経営リスク要因を特定
  • ネガティブリスクに対する未然防止策または軽減対策を審議・決裁
  • リスク案件の報告および再発防止策の検討
  • 通報・相談案件の報告および職場風土の根本的な課題改善策の検討
  • コンプライアンス活動のモニタリングと改善すべき課題の検討

リスクマネジメントは、業種・ビジネスモデルの特質や経営戦略と密接に関連するものであるため、コンプライアンス委員会は業務執行のトップであるCEOの直轄とした上で、必要に応じて取締役会に報告を行う構成としています。

取締役会による
リスクの監督

当社では、取締役会がモニタリングすべき重要な事項の1つとして、資生堂全体のリスクの監督を挙げています。取締役会では、コンプライアンス委員会が特定したリスク要因の報告を受け、ネガティブリスクの未然防止策や軽減対策に対するフィードバックを行います。また、取締役会に提案・報告される個別の案件や戦略について、リスクに関する適切な検討が行われていることを確認するために、案件の前提条件、リスク許容度や、その限度に関する問いかけを行うなどして、経営陣によるネガティブリスクの特定や、防止・軽減策の実行、適切なリスクテイクの実現を促しています。
また、取締役会は、取締役会への個別の提案・報告事項やコンプライアンス委員会からの報告に加え、監査役や監査役会との連携による情報の共有を通じてリスクに関する情報を集積し、実効性の高いリスクの監督の実現につなげています。

リスクの見直し

当社では、事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、資生堂の財政状態および経営成績等に影響を及ぼす可能性のあるリスクについて、コンプライアンス委員会での検討等を踏まえて適時に見直しを行っています。見直しにあたっては、既存のリスク項目への項目追加の要否に加え、リスクが発現した場合の影響の大きさ等を踏まえた優先順位づけについても併せて見直しています。
投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある事項として、下記のようなものがあると考えています。

事業のリスク
事業活動に関するリスク
  • 1. 事業戦略
  • 2. ブランドイメージ
  • 3. 品質管理
  • 4. 戦略的投資
経営環境に関するリスク
  • 5. 為替変動
  • 6. 原材料の調達
  • 7. 人材の確保
  • 8. 環境対応
外的なリスク
  • 9. 経済・政治情勢
  • 10. 自然災害
  • 11. 情報セキュリティ
コンプライアンスリスク
  • 12. 法規制等への対応
  • 13. 重要な訴訟等

※ 詳細は「有価証券報告書」をご覧ください。

内部通報

当社では、グループ内における法令・定款・諸規程に違反する行為を発見し、これを是正することを目的に、内部通報窓口を設けています。海外については、主要事業所ごとに「ホットライン」を開設し、 加えて本社には海外事業所の社員から直接通報を受け付ける「資生堂グループグローバルホットライン」 を設け、社員に周知しています。日本地域は通報案件に特化した「コンプライアンス委員会ホットライン」、社内相談員による「相談ルーム」、社外窓口である「資生堂社外ホットライン」を通報窓口として設置しています。さらに、役員に関係した通報を受け付ける「監査役への通報メール」も設け、これらの周知を図っています。
資生堂では、これらの内部通報に関する仕組みの実効性を担保するために、従業員、執行役員および役員が、これらの通報・報告・相談をしたことを理由として、解雇・解任その他のいかなる不利な取り扱いも受けることのないよう諸規程を整備し、周知を図っています。