1. Home
  2. 投資家情報
  3. 業績ハイライト・ヒストリカルファイナンシャルデータ
  4. 業績ハイライト

投資家情報
Investors

業績ハイライト

(注1) 記載金額は、表示金額未満を四捨五入しています。
(注2) 2015年度は、決算期を変更したため、当社並びに3月決算の子会社は、4月から12月の9カ月を、12月決算の子会社は1月から12月の12カ月間を連結決算対象期間としています。
2017年度 業績のポイント
  • 現地通貨ベースの売上高は、戦略的に投資強化を続けているプレステージ領域がグローバルで伸長したほか、前期より当社グループに加わった新ブランドが上乗せとなったことなどから前期比16.0%増。円換算後では円安による為替影響により、前期比18.2%増の1兆51億円。
  • 営業利益は、売上増に伴う差益増に加え、マーケティング投資効率の改善やコスト構造改革効果などにより、前期比118.7%増の804億円。
  • 親会社株主に帰属する当期純利益は、ゾートス社の株式及び関連事業資産の譲渡益を特別利益に計上した一方、一部商品の自主回収費用に加え、米国のBare Escentuals,Inc.に係る無形固定資産等の減損損失を特別損失として計上したことなどが影響し、前期比29.1%減の227億円。
  • この結果、連結会計年度の連結売上高営業利益率は8.0%、連結ROE(自己資本当期純利益率)は5.6%となりました。

売上高

売上高

営業利益/売上高営業利益率

営業利益/売上高営業利益率

経常利益

経常利益

親会社株主に帰属する当期純利益/1株当たり当期純利益

親会社株主に帰属する当期純利益/1株当たり当期純利益

純資産/自己資本当期純利益率(ROE)

純資産/自己資本当期純利益率(ROE)

有利子負債/有利子負債比率

有利子負債/有利子負債比率
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
メールマガジン
  • IRメール

    当ホームページに掲載されている内容のうち、歴史的事実でないものは、資生堂の将来に関する見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定な要素などの原因が含まれており、実際の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。

おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報