1. Home
  2. 投資家情報
  3. IR ライブラリ
  4. 決算短信・決算記者会見資料
  5. 平成10年3月期 決算短信
  6. 当期の業績の概況

投資家情報
Investors

決算短信・決算記者会見資料

1. 当期の業績の概況

平成10年5月12日

96年度よりスタートした「21世紀・グローバルNO.1──チャレンジの5カ年計画」2年目である当期は、引き続き「成長戦略」と「経営構造の改革」の2本柱のもと、成長に向けて積極的な投資を行うとともに、グループ内事業構造の組み換えを推進しました。

●連結損益計算書

当期の連結売上は、国内は消費マインドの萎縮もあり、不況色を強めつつ推移する市場の中で、お客様の信頼と共感をより一層高める活動を展開しました。
海外はボーテプレステージ インターナショナルが順調な伸びを示したことに加えて、96年12月に買収したヘレンカーチス 北米プロフェッショナル部門売上が通年寄与すること、今期より連結子会社となった台湾資生堂の上乗せもあり、高い伸長を示しました。
この結果、売上高合計は 5.5%の増収となりました。
利益面では、生産性の向上や広告費・販促費の効率的投入に努めましたが、戦略的な先行投資については計画どおり積極的に推進しました。一方で、国内消費低迷による国内子会社の苦戦や新設子会社の赤字もあって、当期利益は11.9%の減益となりました。
今期は資産効率の向上を図るため、関連事業の構造改革を実施しました。具体的には金融子会社(株)エスエフシーの解散、(株)資生堂ウェルネスのフィットネスクラブ事業の撤収などの改革を実施し、特別損失174億6千万円を計上しました。
なお、単独業績は売上高・利益ともに前年実績を上回りました。

< 連 結 >

【連結売上】
区  分 98/3期 構成比 増   減 前年比 97/3期 構成比
化粧品
トイレタリー
その他
457,332
99,310
64,267
73.7%
16.0
10.3
+20,628
+ 4,699
+ 7,009
104.7%
105.0
112.2
436,704
94,610
57,257
74.2%
16.1
9.7
合  計 620,909 100.0 +32,337 105.5 588,571 100.0
海外売上高 92,218 14.9 +27,669 142.9 64,549 11.0%

単位:百万円

【連結利益】
区  分 98/3期 売上比 増   減 前年比 97/3期 売上比
営業利益
経常利益
当期利益
35,869
38,405
16,868
5.8%
6.2
2.7
△   981
△ 2,574
△ 2,283
97.3%
93.7
88.1
36,851
40,979
19,152
6.3%
7.0
3.3
連単倍率 1.05倍 - - - 1.20倍 -

単位:百万円

< 単 独 >

【単独売上】
区  分 98/3期 構成比 増   減 前年比 97/3期 構成比
化粧品
トイレタリー
その他
288,020
89,847
25,588
71.4%
22.3
6.3
+ 1,555
+ 4,001
△ 3,592
100.5%
104.7
87.7
286,465
85,846
29,180
71.3%
21.4
7.3
合  計 403,455 100.0 + 1,964 100.5 401,491 100.0

単位:百万円

【単独利益】
区  分 98/3期 売上比 増   減 前年比 97/3期 売上比
営業利益
経常利益
当期利益
27,398
33,071
16,073
6.8%
8.2
4.0
+  603
+  615
+   51
102.3%
101.9
100.3
26,795
32,456
16,022
6.7%
8.1
4.0

単位:百万円

バックナンバー 一覧 へもどる

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
メールマガジン
  • IRメール

    当ホームページに掲載されている内容のうち、歴史的事実でないものは、資生堂の将来に関する見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定な要素などの原因が含まれており、実際の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。

おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報