1. Home
  2. 投資家情報
  3. IR ライブラリ
  4. 決算短信・決算記者会見資料
  5. 平成16年3月期 第3四半期業績の概況(連結)

投資家情報
Investors

決算短信・決算記者会見資料

平成16年3月期 第3四半期業績の概況 (連結)

平成16年1月30日 (コード番号:4911 東証第一部)

上場会社名 株式会社 資生堂

(URL http://www.shiseido.co.jp)

問合せ先
 
代表者役職・氏名
代表取締役 執行役員社長
池田 守男
責任者役職・氏名
IR部長
橋川 雅人
(TEL (03)3572-5111)

1.四半期業績の概況の作成等に係る事項

売上高の会計処理の方法の最近連結会計年度における
認識の方法との相違の有無
: 無

2.平成16年3月期第3四半期の業績概況 (平成15年4月1日~平成15年12月31日)

(1)売上高

  百万円
平成16年3月期第3四半期 459,604 -
平成15年3月期第3四半期 - -
(参考)平成15年3月期 621,250 -

(注)記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。
(注)今年度より四半期業績の開示を行っているため、前年同四半期の実績および増減率については記載しておりません。

売上高に関する補足説明

当第3四半期(平成15年4月~平成15年12月)の当社を取り巻く経営環境は、年度前半にイラク戦争やSARSの影響を海外で特に大きく受けた他、国内では冷夏の影響もあり、厳しい状況が続きました。年度後半に入り、国内外において景気回復に向けた明るい兆しが見られますが、国内の個人消費は依然低迷を続けています。
このような中、当社は国内において、化粧品事業ではチャネルおよびブランド戦略の見直しを含めた、店頭売上拡大に向けた積極的な取り組みにより、トイレタリー事業では流通との協働体制のもと店頭の活性化を図ることにより、売上確保を目指しました。
また海外においては、中国において化粧品専門店のモデル店をオープンするなど、市場拡大に向けた取り組みを一層強化しました。
この結果、当第3四半期の売上高は、4,596億4百万円となりました。

(参考)四半期毎の連結業績の推移
  第1四半期
15/4/1~6/30
第2四半期
15/7/1~9/30
第3四半期
15/10/1~12/31
売上高 141,753 167,577 150,272

単位:百万円
(注)記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。

(2)当該四半期において企業集団の財政状態及び経営成績に重要な影響を与えた事象

該当する事象は発生しておりません。

3.平成16年3月期の連結業績予想 (平成15年4月1日~平成16年3月31日)

業績予想の見直しは行っておりません。

バックナンバー 一覧 へもどる
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
スペシャルコンテンツ
メールマガジン
  • IRメール

    当ホームページに掲載されている内容のうち、歴史的事実でないものは、資生堂の将来に関する見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定な要素などの原因が含まれており、実際の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。

おすすめコンテンツ
資生堂グループのブランド一覧へ

新着情報