スキンケア化粧品の基本的な使い方

マッサージ料

マッサージは、血行を改善し、肌のくすみやカサつきを取り除きます。また、適度な刺激が、肌の筋肉や細胞の衰えを防ぎ、はりのある肌を保ちます。
お手入れの差が、年齢とともに、はっきりと出てくるもののひとつが、このマッサージです。こまめなお手入れが、美しい肌を保つ秘けつです。

使用量
さくらんぼ1コ分が目安です。クリーム容器は、クリームの中に、利き手の中指と薬指を入れて、第一関節まで、のるくらいの量がほぼ適量です。
もうひとつの目安は、顔全体に軽くのばして、指が肌の上をらくにすべるくらいがマッサージしやすい量です。
使い方
指先にとったクリームを、両手の中指と薬指で広げます。内側から外側に向かって、円を描くように、クリームをのばしていきます。ひたいから、こめかみ、鼻、ほお、あごと、顔全体を軽くマッサージするように、肌に広げていきます。顔全体に、クリームがほぼ均一に広げられたら、マッサージを始めます。
まず、あご先から耳の下に向かい、あごの形に沿って、もとに戻ります。これを3回繰り返します。次に、あごからほおを大きく3回、内側から外側に向けて大きな円を描きます。目頭の下からひたいのほうへ、まっすぐ上がり、ひたいの丸みに沿って、こめかみ、目尻、目頭と、円を描くようにします。これを3回繰り返します。ここまでの動作を2~3回繰り返します。
最後に、顔の中央から外側に向けて、あご先から耳の前、小鼻から耳の前、ひたいの中心からこめかみと、3ヵ所にわけて軽くなで、肌を落ち着かせます。
両手の指全体の腹を使って、3~5分おこないます。指先の力をぬき、優しくていねいにマッサージしてください。その後、やさしくティッシュペーパーでふきとるか、水またはぬるま湯でていねいに洗い流します。

マッサージ美容液など、ただなじませるだけのものもあります。肌の状態や好みに応じて選んでください。なお、マッサージは毎日おこなえます。
注意点
マッサージクリームの量が少なすぎると、肌へののびが悪く、指の摩擦が加わって、こすりすぎてしまうため、肌に負担がかかります。また、多すぎても、ベタついて心地よくおこなえません。
マッサージは、なでるような感じで、力の加減は心地よいと感じる程度、テンポは、自分が気持ちいいと感じるくらいでおこないましょう。