ボディケア

入浴

(3)洗い方

健康で美しいボディーを作るための洗い方をマスターしましょう。
心臓に遠い足や手の先から、だんだん心臓に向かってマッサージするような要領で洗うことにより、身体(からだ)全体の血液循環をよくし、新陳代謝を高めます。

ボディー洗浄料には、液状のボディーシャンプー(ボディーソープ)と、固形石けんがあります。ボディーシャンプー(ボディーソープ)はディスペンサー(ポンプ)容器に入っているものが多く、適量が取り出しやすく、使いやすいタイプです。

使用量

身体(からだ)全体でディスペンサー(ポンプ)2~4回押した位の量です。
身体(からだ)の大きさや商品によっても若干異なります。

使い方

お湯を含ませた洗浄用具(ナイロンタオル、ボディースポンジ、ボディーブラシ)にとり、軽く泡立ててから手の先や足から心臓に向かって丸く円を描きながら、マッサージするように洗います。
バストやヒップは引き上げるように洗うとシェイプアップに効果的です。
身体(からだ)の中心部分(背中や胸)は皮脂の分泌が多く、あぶらっぽくニキビができやすいため、ていねいに洗い流します。
洗いにくい背中やヒップはボディーブラシを使うと、しっかり洗うことができます。
その後十分にすすぎます。

*アドバイス

冬などで肌の乾燥やかゆみが特に感じられる場合は、ゴシゴシ洗いすぎたり、こすりすぎによることも原因のひとつです。ボディーシャンプーや石けんを十分泡立てて、身体(からだ)を包み込むように洗うようにしましょう。すすぎも十分におこないます。その後、乳液やクリームなどで十分保湿することが大切です。

▲ ページの先頭へ