1. Home
  2. ニュースリリース
  3. “お風呂からシャンプーを持ち出す”という新習慣 その名も「部屋シャン」

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2018/7/18

発行: (株)エフティ資生堂

商品・ブランド

“お風呂からシャンプーを持ち出す”という新習慣 その名も「部屋シャン」

TSUBAKIから「お部屋でシャンプー」発売

資生堂は、ヘアケアブランド「TSUBAKI」から、水要らず、乾かし要らずで、簡単にどこでもシャンプーができる「TSUBAKI お部屋でシャンプー」を2018年8月上旬に専業EC※1先行で発売します。
※1 2018年8月上旬発売:Amazon、LOHACO、楽天(ケンコーコム、爽快ドラッグ)、2018年10月上旬発売:資生堂オンラインショップ(ワタシプラス)

◆「お風呂は面倒」と考える一方で、「お風呂やシャワー時間以外で、“髪を洗いたい、スッキリさせたい”というときがある」など、多忙な女性の複雑な洗髪意識に着目。休前日でお風呂をサボりたいときや、外出先で髪の「べたつき」、「ニオイ」が気になるときお風呂以外の場所でシャンプーができるという新ヘアケア習慣を提案。
◆美容成分を含んだジュレ状で、頭皮にササッとなじませるだけですぐに揮発する、水要らず、乾かし要らずのシャンプー。
◆髪と頭皮の「べたつき」「ニオイ」などをスッキリさせるだけでなく、爽快な感触でさらふわな美髪へと導きます。

発売背景

育児・残業・女子会と忙しい毎日を過ごす日本女性。その60%以上が「お風呂・洗髪が面倒」と感じています※2。その一方で、75%の女性が「お風呂やシャワーの時間以外で“髪を洗いたい、スッキリさせたい”と思うことがある」と回答し、洗髪に対し異なる意識を合わせ持っていることがわかりました。
また、実際多忙であるがゆえに、約34%が「髪を洗わずに過ごす日がある」※3と回答し、その理由として「疲れている」※3ということをあげています。
そこでTSUBAKIでは、お風呂からシャンプーを持ち出して、いつでもどこでも必要なときに必要な場所で「即効キレイな私になる」という新たなヘアケア習慣とアイテムを提案します。

※2 資生堂調査 2018年3月20~40代有職女性 N=400名
※3 資生堂調査 2017年9月20~40代有職女性 N=1,220名

商品特長

「TSUBAKI お部屋でシャンプー」は、美容成分※4配合のみずみずしいジュレ状です。髪と頭皮になじませるだけで、水要らず・乾かし要らずだから、簡単にどこでもシャンプーができます。髪と頭皮の「べたつき」「ニオイ」などをすっきりさせて、爽快感も持続。髪の根もとがふんわりした清潔感のある髪がよみがえります。
※4 ミント:清涼成分、緑茶エキス:整肌・保護成分

(1)100%天然由来の髪の5大美容成分※5 + 2つの美容成分

パサつき・広がり・うねりが気にならない芯からきれいな髪を実現するために、レモン果実水、ボタニカルエッセンス、大豆プロテイン、ローヤルゼリー、椿オイルエッセンスをバランスよく配合。
※5 すこやか毛髪保護成分

5大美容成分 + 2つの美容成分

(2)水もドライヤーも要らずにどこでもシャンプーできるわけ

①スピードドライジェル処方
美容成分と皮脂吸着成分を含んだジェルを塗布すると、ジェル構造が崩れ、まるで水のようにパシャっと液状に変化しみずみずしく広がります。余分な水分はすぐに揮発し、ドライヤー要らずの感触になります。

②皮脂吸着パウダー
皮脂吸着パウダーが頭皮や毛穴に留まっている皮脂を吸収し、地肌や毛髪に直接触れるのを防ぎます。また、さらさらな感触で毛の根もとをふんわりとさせます。

スピードドライジェル処方

皮脂吸着パウダー

人工皮脂を毛髪見本の根本に塗布

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。

  • Google+
  • Facebook
  • Twitter