1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 2019年 銀座を彩る「資生堂 冬のイルミネーション」を点灯

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2019/10/30

発行: (株)資生堂

文化・スポーツ

2019年 銀座を彩る「資生堂 冬のイルミネーション」を点灯

~資生堂銀座ビルを彩る煌(きらめ)きのROUGE2019~

資生堂は、本社社屋「資生堂銀座ビル」(東京都中央区銀座7-5-5)の植栽に、年末シーズンの銀座を彩る
「資生堂 冬のイルミネーション」を2019年11月22日(金)から12月28日(土)まで点灯します。

1999年以来、19回目※となる今年度のテーマは「煌(きらめ)きのROUGE(ルージュ)2019」です(「ROUGE」は仏語で「赤」を意味)。全長約45メートルのイルミネーションが、資生堂創業の地「銀座」の年末を華やかに彩ります。
当イルミネーションでは、約37,000球のLED電球を美しく輝く宝石のルビーに見立て、資生堂のコーポレートカラーである「赤」を表現しています。また、フランス高級レストラン「ロオジエ」のエントランスに佇む高さ約 8.5 メートルの 2 本の樹木 (樹種:レイランディ)には、資生堂(SHISEIDO)の頭文字である「S」をかたどるように電球が点滅するプログラムを施し、赤の「煌き」に軽快なリズムを与えます。
毎年ECO対応を実施しており、使用する全ての光源はLEDで、使用電源は通常の10分の1の容量である合計1,500W以内です。LED光源は熱が発生しないことから、植物や樹木への影響を抑えます。
※本社社屋立て替えのため、2011年・2012年の2年間は休止

【イルミネーションの概要】
点灯期間 2019年11月22日(金)~12月28日(土)
点灯時間 期間中毎日 16:30~24:00
樹木の高さ 約8.5メートル
樹木の樹種 レイランディ
電球の数 約37,000球

なお、同時期に資生堂銀座ビルのショーウィンドウでは、同ビル2階で開催中の「資生堂唐草原画展」にあわせ、「あたらしい唐草」をテーマにしたアート作品、唐草のオブジェ・映像を展示しています。
※展示期間2019年10月15日(火)~2020年1月17日(金)

【ご参考】 2019年 資生堂 冬のイルミネーション(イメージCG)

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。