1. Home
  2. ニュースリリース
  3. 「光ダメージ」に向き合う、新リバイタル、誕生。

ニュースリリース

News Release

リリース日: 2019/12/23

発行: (株)資生堂資生堂ジャパン(株)

商品・ブランド

「光ダメージ」に向き合う、新リバイタル、誕生。

~2020年2月21日(金)発売~

資生堂は、乾燥、ハリ不足やシミなどのエイジングサインは紫外線が大きく影響していることを捉え、「光ダメージ」に向き合う40代・50代に向けた高機能スキンケアブランドとして、「リバイタル」を刷新し、日中用乳液・化粧水・乳液【全11品目11品種 ノープリントプライス】を2020年2月21日(金)に発売します。

◆資生堂は、1972年に国際シンポジウム「光と皮膚のセミナー」を主催、皮膚に対する紫外線の影響を発信。
◆リバイタルは、1979年に「美しく年を重ねる“サクセスフルエイジング”」をコンセプトに誕生した、資生堂のエイジングケアの先駆けとなる歴史のあるブランド。
◆新リバイタルは、贅沢なうるおいで肌を満たしながら、「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く、高機能スキンケアとして刷新。

「光ダメージ」に向き合う、新リバイタル

発売背景

ターゲットである40代・50代を対象としたお客さま調査※の結果では、80%以上の方が、肌のエイジングサインが複数ある、と回答。また、75%の方は、肌の老化は年齢のせいかと落ち込んでいる、という事がわかりました。「リバイタル」は、ターゲットが感じている複数のエイジングサインは、年齢のせいだけではなく、紫外線の影響、つまり「光ダメージ」も外せない大きな要因であることに着眼しました。ターゲットの満足感を重視するとともに、先進の肌研究による技術・処方を採用しています。
※2018年12月 資生堂調べ 45-59歳女性 n=438

商品特長

乾燥、ハリ不足やシミなどのエイジングサインは、紫外線による乾燥が大きく影響しています。「リバイタル」は、贅沢なうるおいで肌を満たしながら、「光ダメージ」に向き合う独自美容成分が角層の深くまで浸透。さらに、美白有効成分4MSK*を配合。美容液の必要性を忘れるほどの高機能スキンケアとして、いつまでも自分に自信が持てる美しさを叶えていきます。 
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ、4-メトキシサリチル酸カリウム塩

プロモーション展開・販売

プロモーションでは、「松雪泰子(まつゆきやすこ)さん」を起用し、新聞広告や交通広告、WEBプロモーションなどを展開します。全国のドラッグストア・GMS・化粧品専門店など、約1,500店で販売します。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご留意ください。