資生堂が目指すビジョン

100年先も輝き続ける、資生堂の原型をつくるため、 2020年までの経営戦略「VISION 2020」を 2014年12月に策定しています。

世界中のお客さま、社会から
支持され、必要とされる会社へ

ビジョンを詳しく見る

社長メッセージ

資生堂は2019年より、企業使命を「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」と定めました。私たちは、多様化する人々の美の価値観をとらえ、既存概念を打破するイノベーションに挑戦し、本業であるビューティービジネスそのもので社会課題の解決や、人々が幸せになるサステナブルな社会を実現することが資生堂の使命であると考えています。 この使命の達成には、「人(社員)」が最も大切です。一人ひとりが情熱を持ち、仕事を通じて世の中をよりよくするために必要なことを常に自ら考え行動すること。多様な価値観や文化的背景を持った人同士が違いを認め、協力しあうことで、新たなイノベーションを創出するのです。

資生堂では、DNAの1つである「PEOPLE FIRST」という考え方のもと、人の成長やその環境づくりを経営の柱としています。MBA取得や語学習得などにチャレンジするプログラムを用意し、自ら学ぼうとする社員のサポート制度や、社員の豊かな発想力を引き出すオフィス・リノベーションを世界各地で進めています。また、多様な社員が個々の考えを仲間と共有・共感しあうために、英語公用語化を進めています。

私たちは、100年先も輝き続ける企業への揺るぎない土台をつくるために、日本の価値観を大切にし、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」の実現を目指しています。「資生堂で一緒に頑張ってみよう!」と思う方がたくさん来てくれることを期待しています。

2019年4月 代表取締役 社長 兼 CEO 魚谷雅彦

  • 求める人物像

    COMING SOON
  • 募集要項

  • 待遇・福利厚生