資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター Shiseido Life Quality Beauty Center

English
アクセス
ご予約・お問い合わせ
医療従事者の方へ

がん患者さんへの美容ケア情報を
「第28回日本がん看護学会学術集会」にて紹介

2014年2月8日(土)、9日(日)、新潟朱鷺コンベンションセンターにて資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンターが企業展示ブースを出展しました。
当日は、全国から約3,800名の看護師などが参加されている中、ライフクオリティービューティーセンターのMakeup Caristが、がん治療の副作用によっておこる美容上の変化に対するメーキャップ方法として、「脱毛時の眉の描き方」及び「強いくすみなどの肌色のカバー方法」をデモンストレーションにて紹介しました。

当センターの展示ブースに立ち寄られた看護師からは、「がん治療の副作用で外見が変わり苦痛に感じている患者さんはとても多く、化粧をすることで少しでも前向きな気持ちになればと思う。この情報を多くの患者さんに知ってほしいし、同じ看護師の皆さんにも知ってほしい」、「悩みをもつ患者さんは多いけれど、実際にどんなアドバイスをしてよいのか分らなかったが、資生堂がこのような活動をしていると知って安心した」など、メーキャップへの関心の高さが伺えました。

資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンターでは、プライバシーが保たれた個室で、治療の副作用にともなう美容上のお悩みをカバーする方法をご紹介しています。
また、パーフェクトカバー ファンデーションは、資生堂 ライフクオリティー ビューティー契約店で取り扱っています。