1. Home
  2. サステナビリティ/CSR
  3. 環境 Protect Beauty
  4. 紫外線からの皮膚の防御と光老化等への対応

サステナビリティ/CSR
Sustainability/CSR

戦略アクション

紫外線からの皮膚の防御と光老化※1等への対応

気候変動など地球環境の影響を受け、地域※2によっては今後100年間で紫外線曝露が増えることが予想されています。長年培ってきた皮膚科学研究の成果を基に、紫外線をはじめとする環境と肌との関係性について新たな視点で研究を進め、健やかな肌を守る革新的な商品 (UVケア、美白・抗老化ケア) やサービスを開発し、提供しています。

  • ※1光老化: 太陽光線によって引き起こされる皮膚の老化現象
  • ※2人口が密集し経済活動の盛んな中緯度地域では、今後100年間で紫外線曝露が増えると予想されています。

紫外線過敏の難病「色素性乾皮症(XP)患者」への支援

紫外線に当たることができない紫外線過敏の難病「色素性乾皮症(XP)患者」の子どもたちを支援するために、国内資生堂グループではXP患者会への日焼け止めの商品寄付を行っています。従業員による社会貢献活動としては、従業員の募金(花椿基金)を用いた患者交流会の開催支援、患者会における日焼け止め使用方法レクチャーの講師を社員ボランティアが務めるなどの支援を、2000年から続けています。

詳細は「Empower Beauty 紫外線過敏の難病「色素性乾皮症(XP)患者」への支援」をご覧ください。

子どものための紫外線対策の啓発

日本では資生堂ジャパン株式会社が中心となり、子どもたちに自分自身で健やかな肌を守れるようになっていただくために、日焼け予防などの美容生活情報をわかりやすく発信しています。

詳細は「社会貢献活動 子どものための取り組み」をご覧ください。

重点活動テーマ
CSR(社会的な責任)を
果たすための基盤
関連情報
スペシャルコンテンツ

新着情報