1. Home
  2. サステナビリティ/CSR
  3. 環境 Protect Beauty
  4. ステークホルダーとの協働、外部からの評価

サステナビリティ/CSR
Sustainability/CSR

ステークホルダーとの協働、外部からの評価

社会との約束

2017年

環境保全に関する宣言「PDFエコ・ファーストの約束[ PDF : 1.44MB ]」の内容を更新し、環境省から「エコ・ファースト企業(target_blank)」として認定されました。(2012年、2017年にそれぞれ再認定されました。)

2009年

環境保全に関する「エコ・ファーストの約束」を宣言し、化粧品業界で初めて環境省から「エコ・ファースト企業」に認定されました。

2008年

国連グローバル・コンパクトの気候変動に関するイニシアティブ「Caring for Climate」に賛同しました。

エコ・ファーストの約束

  1. 1.容器包装の3R(reduce, reuse, recycle)をはじめとする商品の環境対応を積極的に推進します。
  2. 2.価値づくりの源泉である地球の恵みの保全に積極的に取り組みます。
  3. 3.環境教育に取り組み、地球の恵みの保全に貢献する人材を育成します。
  4. 4. 地球温暖化防止に向けた取り組みを積極的に推進します。

エコ・ファースト・マーク

地域住民への環境教育

資生堂掛川工場での環境教育
資生堂掛川工場(静岡県掛川市)は毎年地域の小学生向けの環境学習会を開催しています。2017年は掛川市の子供たち12名が参加しました。環境にやさしいパッケージや廃棄物削減の取り組みを紹介し、工場排水が浄化されていく様子を水質調査するワークショップを行いました。資生堂 掛川工場では、今後も地域と連携した環境教育を継続します。

資生堂掛川工場での環境教育

資生堂銀座オフィス屋上庭園での環境教育
資生堂銀座オフィス(東京都中央区)は生物多様性保全に配慮した屋上庭園「資生の庭」があります。同庭園を活用して地域住民向けの環境学習会を開催しています。2016年10月、事業所周辺の子供たち29名に屋上庭園の植物観察と椿から化粧品原料の椿油を搾り取るワークショップを行いました。

資生堂銀座オフィス屋上庭園での環境教育
資生堂銀座オフィス屋上庭園での環境教育

受賞

受賞名 主催 受賞内容
2017年8月 「2017日本パッケージングコンテスト」テクニカル包装賞 公益社団法人 日本包装技術協会 「シーブリーズ ボディシャンプー A クール&デオドラント(医薬部外品) シーブリーズ スーパークールボディシャンプー S」メカニカルリサイクルペットの採用
2016年8月 「2016日本パッケージングコンテスト」アクセシブルデザイン包装賞 公益社団法人 日本包装技術協会 「クレ・ド・ポー ボーテ ラ・クレームn」新レフィル交換機構の開発

環境をテーマとした広告・スペシャルコンテンツ(アーカイブ)

当社が環境への取り組みを紹介した過去の雑誌広告やウェブサイトは下記をご覧ください。

重点活動テーマ
CSR(社会的な責任)を
果たすための基盤
関連情報
スペシャルコンテンツ

新着情報