メニューを開く
メニューを閉じる

開催中の企画展

資生堂グループの世界 ~グローバル化の歩みと多彩なブランドたち~
開催期間:2016年1月5日(火)- 10月2日(日)

資生堂グループの世界

資生堂は1872年、民間初の洋風調剤薬局として東京銀座に誕生しました。社名の「資生堂」は中国の古典「易経」の一節に由来し、「新しい価値の発見と創造」を意味します。
創業者の福原有信は、美と健康に貢献し新たな価値を生み出すことを創業の理念とし、その思いを社名に込めました。その理念は事業の発展とともに、「西洋風」「先進性」「高品質」という価値を生み出し、資生堂の企業文化として根付いていきます。
その中でも「西洋風」は重要な価値軸のひとつ。当時の資生堂にとって、西洋は新たな文化そのものであり、資生堂の経営の中に、スタイルとして、思想として、技術として融合され、資生堂のアイデンティティーを構築する大きな要素となってきました。現在では資生堂は70を超える多彩なブランドを有する資生堂グループへと発展し、日本をオリジンとするグローバル企業として活動しています。
本展では、資生堂グループのグローバル展開の歩みを、商品パッケージやそこに関連した広告制作物などを通じてご紹介するとともに、デジタルサイネージ形式で現在の資生堂グループのブランド・事業をご紹介します。多彩でユニークな資生堂グループの世界をお楽しみいただければ幸いです。

( 第1期『資生堂の枠を越えて』は終了しました )

第2期『化粧の枠を越えて』
開催期間:2016年6月28日(火)- 10月2日(日)

資生堂は、未来まで続く美しい社会の実現に向けて、さまざまな活動を推進しています。
その中から、化粧の枠を越えて行っている活動として、女性・美容の分野におけるCSR活動、ヘルスケア事業、プロフェッショナル事業を紹介します。

CSR活動の中では特に生活の質の向上に向けた取り組みである「資生堂 ライフクオリティー メーキャップ」、子どもや障がいのある方への取り組みを取り上げています。またヘルスケア事業・プロフェッショナル事業では草創期の商品や当時の様子がわかる写真と現在の様子を対比してご覧いただけます。

ウェーブローション(1938年)
ウェーブローション(1938年)
マーキロ(1941年)
マーキロ(1941年)
スポッツカバー(1956年)
スポッツカバー(1956年)