開催中の企画展

資生堂と椿・TSUBAKI 開催期間:2015年3月31日(火)- 12月23日(水)

資生堂のシンボルである椿。
大正時代、日本在来の品種であるやぶ椿の硬い幹を流麗な曲線で描くなど斬新なデザインで作られたマークは、多くの人々の心に資生堂を印象づけました。それから100年の時を重ね、椿に関わる貴重な資料が集まりました。
今回、資生堂が2014年度道後オンセナートへ協賛し制作された福田泰嵩氏作品「サイバー百椿図」を公開いたします。この作品は、当館収蔵の「百椿図」(江戸時代模写)を基にして映像化したものです。「百椿図」は、2 巻の巻物に様々な椿を描き出した作品で、筆者は狩野山楽と伝えられています。その世界観を新たな解釈のもとに3DCGで表現しました。椿の花の間を蝶が飛び交う世界は夢かうつつか、ダイナミックな映像をぜひご堪能ください。
それとは対照的に資生堂の商品パッケージには、椿の花をイメージしてデザイン化したものがあります。シンプルな色と線のみで描かれながらも艶やかさを感じる椿の姿を併せてお楽しみください。

山名文夫『資生堂コールドクリーム』新聞広告(1955年)
  • 花椿オードパルファム(1987年)

ページトップへ